お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

母乳が足りない! 「2人目育児」で苦労すること5つ

ファナティック

子育てを経験しているから大丈夫! と思っていても、これから2人の子どものママになる予定の方にとっては、どんなことが大変になるのか気になりますよね。そこで、今回は、実際に2人目の育児を行った経験のある女性のみなさんに、大変だったことを聞いてみました。

■性格がちがうので大変

・「上の子の赤ちゃん返りもあり、想像以上に上の子に手がかかった。下の子も上の子とは性格がちがい、1人目の育児が参考にならなかった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「同じ様に考えていたが、それぞれ違いがあり思うようにいかない」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「性格は上の子とちがうから別人を育てるので悩むところも全然ちがう」(33歳/その他/その他)

兄弟姉妹といっても、皆それぞれ性格がちがって、1人目のお子さんと同じ対応では上手くいかないことがたくさんあるようです。上のお子さんはおとなしいのに、2人目のお子さんはやんちゃだったり……毎日が驚きの連続とも言えますが、なかなか大変そうです。

■授乳が大変

・「授乳は慣れたものと思っていたけど、上の子がいての授乳なので、なかなかうまくいかなかった。上の子を構いながらになった……」(30歳/情報・IT/技術職)

・「2時間おきの授乳。1人目で感覚を覚えてちゃんとできるかなと思っていたが、やっぱり無理だった」(33歳/小売店/その他)

1人目のお子さんのときに授乳は経験していても、そのときは1人に集中できたのに、2人目のお子さんのときには、上のお子さんの面倒をみながらなので、授乳中にトイレに行きたいとか言われたりして、なかなか思い通りに行かないことが多いですよね。2時間おきの授乳も夜は睡眠不足になって大変です……。

■外出が多くなってしまう

・「上の子の幼稚園や行事で、連れ回す事が多く、赤ちゃんの頃からよく風邪をひかせてしまった」(32歳/その他/その他)

・「上の子の予定に合わせて低月齢のときでも連れて回らないといけなかったこと」(32歳/その他/その他)

上のお子さんの幼稚園の送り迎えや習い事などで出掛けるとき、誰か面倒を見ていてくれる人がいればいいですが、いない場合は、一緒にお出掛けするしかありませんよね。短時間のお出掛けでもそれなりに荷物が必要ですので、2人のお子さんの面倒を見ながらのお出掛けは、目を離した隙に……などということにならないように気が抜けませんね。

■予想外の赤ちゃん返り

・「1人目の赤ちゃん返りを甘くみていた」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「上の子が6歳も離れているので赤ちゃん返りなどなく大丈夫だろうと勝手に思っていたら、上の子も甘えがひどくなり、2人とも抱っこしたりしないといけなくて大変」(33歳/医療・福祉/専門職)

今回の回答の中で「赤ちゃん返り」は、とても多い回答でした。2人目のお子さんの世話をしようとすると、ワザと邪魔をしてきたり、泣き始めたり、騒いでみたり、すねてみたりと……いろいろなやり方で自分への注意を向けてもらおうとして来て大変ですよね。

■母乳のトラブル

・「1人目と同じように、母乳だけで足りると思っていたら、足りなくてミルクを足し続けたこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「母乳育児。慣れてるつもりでも、油断するとすぐ乳腺炎になりかけていた」(24歳/その他/その他)

ママのほうの体調も、1人目のときと同じとは限りませんよね。前回と同じ分量の母乳が出るとも限らなかったり、慣れからこの位大丈夫だろうと思っていて、寝不足続きと疲れなども重なってケアを怠ってしまって詰まらせてしまったりすることも……。

■まとめ

子育ての対象が2人になるとちがって、戸惑うことがあるようですね。「赤ちゃん返り」は、お子さんが2人になったからこそ起こる問題ですので、初めてのことに悩まされている方が多いようですが、お子さんが他者との関係性を身に着ける大切な一歩とも言えるのではないでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月1日~12月2日
調査人数:413人(22歳~34歳の女性)