お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

キャー恥ずかしすぎる!! 男性にまじまじと見られたくない体の部位6つ

ファナティック

足もといくら自分磨きをがんばっていたとしても、あんまり近くで凝視されると困るパーツもありますよね。ここだけは男性にまじまじと見られたくないと感じるパーツについて、女性のみなさんに本音を聞いてみました。

■毛穴のポツポツはごまかせない

・「ワキ。くすんでいるので見られたくない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ワキ。ケアがきちんとできているか心配だから」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

どんなにきれいに処理をしても、数時間後にはニョキニョキと成長し始めるワキ毛。まじまじと見られたら、毛穴から顔を出している黒いポツポツを発見されてしまうかもしれません。

■顔まわりのコンプレックス

・「自分の顔です。理由は、一重まぶたで目がちっちゃいからです」(25歳/電機/事務系専門職)

・「顔の肌。肌荒れしてるから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

じっと目を見つめられることに抵抗がある人もいるようです。遠目からの印象はメイクでごまかすことができても、接近戦は避けたいところですね。

■普段は着痩せ、本当は贅肉たっぷり

・「お腹。ぷにぷにのお肉だから」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お腹。お肉がたぷたぷだし、おへそにゴマがついていないかと気が気でない」(31歳/その他/その他)

服を脱いでしまえば、着痩せテクニックは通用しません。年齢を重ねるたびについてくるお腹まわりの贅肉に向けられる視線が怖いですね。

■桃尻じゃなくてごめんなさい

・「お尻。ぺたんこなので、コンプレックスになっている」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お尻。形が悪いし、色も悪いから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

重力に逆らってプリッと上を向いたお尻を想像されると、つらいものがありますよね。ダイエットや運動だけでは改善できない、悩ましいパーツです。

■「これが胸?」と思われたくない

・「小さいし、形もよくないから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「あまりにも小さくて何もないので」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

ゆっさゆっさ上下に揺れる豊満な胸を想像している男性には、期待を裏切る胸は見せたくありませんよね。それはグラビアの世界の話だと割り切って考えてもらえるとうれしいのですが……。

■美脚を期待しないで

・「太もも。自分のコンプレックスであるから」(25歳/その他/専門職)

・「脚。きれいではないので見られたくない」(27歳/自動車関連/営業職)

ぴったり抑えるガードルにハイヒールでなんとかそれなりに見せているけれど、じっくり見られたら困るという人も多いようです。太さや長さだけではなく、ムダ毛や質感も気になるパーツですね。

■まとめ

誰にでもコンプレックスの一つや二つはあるもの。できることなら隠し通したいこともありますよね。ですが、男性と付き合っていればいつかは見せなければならない瞬間がやってきます。割り切って受け入れてもらうか、そのときのために対策を講じるか、あなたはどちらを選びますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数113件(22歳~38歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]