お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

はー、たまらんっ! 男性の「ちょっと変わったフェチ」6選

ファナティック

男性たちの中には、女性にはなかなか言えない「ちょっと変わったフェチ」を持っている人も少なくないのだとか。一体、彼らはどんなフェチを持っているのでしょうか? 普段は聞けない本音を、今回は特別に教えてもらいました。

■声フェチ

・「声フェチ。女性のかわいらしい声が好きです」(36歳/情報・IT/営業職)

・「声フェチである。アニメ好きだから」(29歳/電機/技術職)

「いい声の男性が好き」という女性は多いですが、女性の声に魅力を感じている男性もいるようです。大好きな声で自分の名前を呼ばれたり、「好き」と言われたら、たまらなく感じるのでしょう。

■髪の毛フェチ

・「髪の毛フェチ。お風呂上がりなど、濡れた髪の毛が好き」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「髪の毛フェチ。特にロングヘアや金髪など、触ったり、においを嗅ぎたくなる。女性らしさを感じてしまうから」(34歳/農林・水産/その他)

女性の髪の毛に対して、細かいこだわりを持っている人も。日々ヘアケアに力を入れている女性にとっては、髪を褒めてもらえるのはうれしいことかもしれません。

■脇フェチ

・「脇フェチ。においや処理状況を確認するのが快感」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性の「脇」がたまらなく好き、という男性も。ニオイや処理状況をチェックされるのは、女性としてはやめてほしいものですが、それが快感だと感じるようです。

■プニプニの脂肪フェチ

・「プニプニな感覚が好きなので、ぽっちゃりの人のお腹とかが好き」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「人に言いにくくはないが、お尻やお腹など柔らかい部分を触るのが好き」(28歳/その他/その他)

「ぽっちゃり女子が好き」という男性の中には、このように「柔らかい脂肪を触るのが好き」という人もいるのでしょう。たしかに、ぷにぷにの手触りはクセになりそうです。

■パンツフェチ

・「パンツについてはこだわりを感じる」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「パンツフェチ。Tじゃないフルバックのパンツ」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

下着に対して、熱いこだわりがある人もいます。女性のセクシーさを引き出す衣類でもあるので、こだわりが生じやすいのかもしれませんね。

■ストッキングフェチ

・「ストッキングを履いた足フェチ。これを見たり触ったりするだけでとても興奮する」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ストッキングフェチ。ストッキングの肌触り、見た目に興奮する」(38歳/その他/その他)

男性は履くことがないストッキング。女性の足を美しく見せてくれるものですが、それが好きで仕方ないという人も少なくありません。色や質感にもこだわりがありそうですね。

■まとめ

ちょっと変わったフェチを持っている男性は、公には言えないだけで、女性が思っているよりもたくさんいるのかもしれません。もしも彼氏が変わったフェチを持っていたとしても、それを広い心で受け止める覚悟はしておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月14日
調査人数:136人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]