お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

ああ、幸せ~♪ 妊娠中に夫としたい「スキンシップ」・4つ

フォルサ

妊娠中、赤ちゃんのことはもちろん、夫婦の関係を良好に保つことも大切。夫婦仲良しでいるために効果的な方法のひとつがスキンシップですが、具体的にどんなものが良いのでしょうか? 今回は出産経験のある女性たちに、妊娠中に夫としてみたい・実際にしたスキンシップについて聞いてみました。

■お腹を……

・「お腹トントンしてもらったのはよかった」(32歳/通信/営業職)

・「お腹を一緒の手でさすりあう!!すごくいい」(32歳/通信/事務系専門職)

・「お腹を撫でてもらう。無事に生まれてくるようにと願掛けの意味を込めてしていた」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お腹を撫でる、トントンする、さする、というのは、お腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションにもつながるもので女性にもかなり好評のようです。赤ちゃんは成長すると外の声も聞こえるようになるため、お腹に向かって「パパですよ」「ママですよ」などと声をかけてあげるのもおすすめ。

■手をつなぐ

・「手をつないで歩いた。今しかできない2人の時間を楽しみたかった」(29歳/その他/その他)

・「手を握りたい!しんどくもないので、体に負担にならないし、温かさが伝わってきていいですね」(39歳/その他/その他)

・「手をつなぐこと。私と旦那さんと赤ちゃん3人で一緒につながっているという実感が欲しかったです」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

手をつなぐのは、初心にかえって新鮮な気持ちになれるだけでなく、お腹にいる赤ちゃんも含めて3人がつながっているような感覚にもなれるスキンシップ。手軽にできるところも良いですね。

■マッサージ

・「腰痛やむくみがあったのでマッサージしてもらった」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「一緒にマッサージをよくした。妊婦だとなかなか1人で出来ないこともあるので」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

・「腰痛がつらかったので、腰を叩いてもらった」(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

妊娠中は身体が辛くなることがあるので、夫にマッサージをしてもらうのも良いですね。夫とのスキンシップと身体のリラックスの2つがかない、一石二鳥。体調の良い時には、自分がマッサージをしてあげる側にまわるのもいいかも。

■寄り添って生活

・「そっと寄り添い、くつろぐのが一番よい。静かな時を過ごしたい」(39歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「一緒にごろ寝する。具合が悪くても、落ち着けた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お風呂に入るなど簡単なコミュニケーションならいいと思う」(40歳以上/その他/その他)

寄り添って過ごす、一緒にゴロゴロする、一緒にお風呂に入る、など行動を共にした時の自然な触れ合いが理想だと考える、良かったと振り返る声も聞かれました。

■まとめ

妊娠中のスキンシップは、お腹をさするなどの妊娠中だからこそできるものもあります。また、お腹の赤ちゃんと3人で触れ合っている感覚にもなれるので、是非、実践してみたいものですね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~40歳のママ)

(フォルサ/池亀日名子)