お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第6話 彼氏より友だちよ

佳奈とは、ターミナル駅にある、
スペインバルのお店で会った。
濃い茶色のウッディな店内。
カウンターの上には、
無数のワイングラスがきらめきながら、
逆さに吊るされ出番を待っている。
お客は、わたしたちみたいな女子で満員だ。

「ごめんね、突然。忙しいところ」
「ううん、いいのよ。
わたしもほのかと会いたかったから」

赤ワインで乾杯すると佳奈の両耳で、
リングピアスがなまめかしく揺れる。
女子力が高く性格はサバサバしている、
佳奈はある意味、理想の友人だ。

「でも、今日はデートじゃなかったの?」
「うん。ほのかと会うからキャンセルした」
「えっ! そんなことして大丈夫?
彼、許してくれるの?」

つい大きな声を出したわたしに、
佳奈は平然と言い放つ。
「彼氏より友だちが大事! ほのかこそ
『許してくれるの?』なんて大丈夫?」

お役立ち情報[PR]