お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まじでナイわぁ……。「フロントホックブラ」に対する男の本音6つ

ファナティック

ブラジャーには、背中側にホックがあるものと、胸元にホックがあるフロントホックのものがあります。「フロントホック」の一番のメリットは、着脱がしやすいことですが、男性はどう思っているのでしょうか? 聞いてみました。

Q.フロントホックのブラジャーに興奮しますか?

はい 48.94%
いいえ 51.06%

ほぼ半数ずつとはいえ、わずかに「いいえ」を選んだ男子の割合が多いという結果になりました。これまで意識的にフロントホックを選んできた女性にとってはショックな数字かもしれません。それぞれを選んだ理由についても聞いてみましょう。

■「はい」を選んだ理由

●ブラジャーを外しやすい

・「正面からスムーズに外すことができるから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「フロントホックだったら簡単に外すことができるから」(27歳/小売店/営業職)

フロントホックの便利な点といえば、その着脱のしやすさです。自分自身身につけたり外したりするときにも楽ですが、男子側から見ても楽なのは同じようですね。バックホックのものよりも見かけないからか外し方がわからないという男子も時折いるようですが、慣れてしまえば問題ありません。

●いつもとちがう外し方が新鮮

・「外し方がちがうので楽しめると思う」(33歳/食品・飲料/技術職)

・「なんだかいつもとちがう感じが興奮につながると思います」(28歳/商社・卸/営業職)

バックホックのブラジャーには慣れていても、フロントホックのブラジャーはあまりよく知らないという男子も多いようです。いつも通りの手順ではこなせないイレギュラー要素があると、より楽しめたり興奮につながったりもしますよね。非日常を演出する、という意味でも便利なアイテムといえます。

●フロントホックのほうがいやらしい?

・「いやらしいな、と正直感じますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「よりいやらしい気がします」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

フロントホックのほうがバックホックのブラジャーよりいやらしい、という意見も。正面からすぐに外せるためにそういった印象が生まれているのでしょうか? なんにせよ、彼によりセクシーだと思ってもらえるのはうれしいことですよね。

■「いいえ」を選んだ理由

●フロントホックを見たことがない

・「あまり経験がないので後ろのホックのほうがいい」(38歳/金融・証券/営業職)

・「今だって見たことがない。ファンタジーだと思っている」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

これまでにフロントホックのブラジャーを見たことがなければ、当然バックホックとどちらがいいか比べることもできません。どちらかといえばバックホックのブラジャーが一般的で身に着けている女性も多いですから、これも仕方ないことなのかもしれませんね。

●抱き合いながら外すのがいい

・「抱き合ったときに後ろのホックを外すのに興奮するから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「後ろから抱きつきながら外すほうが興奮するからです」(25歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

抱き合っているうちにいつの間にかブラジャーが外されている……なんてスマートなことをされたらうれしいですよね。恥ずかしさもあるかと思いますが、それ以上にしっかりリードしてくれる彼に対する安心感が強まりそうです。男子のほうでも、慣れているバックホックならスムーズにリードできると思えば安心できそうですよね。

●フロントホックは外しにくい

・「エッチのときに、前にあると外しにくいから、変な間が空く。それを想像してしまうから」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「外すときに大変なので、げーー……と思う。できればやめてほしい」(37歳/機械・精密機器/営業職)

バックホックに慣れている男子からすると、フロントホックはどうしても外しにくいもののようです。一度慣れてしまえばどちらかといえばフロントホックのほうが外しやすいかと思いますが、彼にホック部分を壊されてしまったという女性の話を聞くとそうとも限らないのかもしれません。慣れないホックに手間取ることで、気分が盛り上がっているところに水を差されたくはないですよね。

■まとめ

フロントホックとバックホックの一番の違いは着脱のしやすさにあるようにも思えますが、男子視点から見ると外しやすさはどっちもどっちといった様子です。また、ブラジャーのデザインよりもむしろ自分がそのタイプのブラジャーに慣れているかどうか、ムードを壊さないままに外せるかといったポイントが重視されているよう。下着以上に彼女自身に興味を持ってくれている男子が多いんですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日~11月11日
調査人数:90人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]