お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

知らないと恥!? 婦人科検診の前に「絶対やっておくべきこと」6つ

ファナティック

女性にとって婦人科検診は、女性特有の病気にかかっていないか検査できる大切な健診。検査に備えて、用意することはしっかり済ませておきたいものです。今回は社会人女性のみなさんに、婦人科検診を受ける前に「絶対やっておくべきこと」を聞いてみました。

■検査の内容をチェックする

・「診断の手順を把握しておくといいと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「婦人科健診の内容を知っておくこと。当日行って驚かないように」(29歳/ソフトウェア/技術職)

毎年受けている人にとっては、それほど検診の内容は気にならないもの。しかし初めての場合、一体どんな検査をされるのか、また流れなども気になりますよね。事前に検診の内容を知っておくと、土壇場で驚くことは避けられそうです。

■基礎体温をつける

・「前回の生理が始まった日や、基礎体温を測った記録表をつけておくこと」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「基礎体温をつけておく。聞かれるかもしれないから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

病院によっては、基礎体温について聞かれることもあるかもしれません。念のため計っておくと、スムーズに検診が進められそうですね。

■お風呂に入る

・「お風呂に入って念入りにキレイにすること」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「お風呂に入って体を清潔にする」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

お風呂に入らずに検診に行くと、体のニオイが気になってしまうこともあるもの。検査をしてくれる看護師や医師に気づかれてしまうこともあるので、清潔にしておきたいですね。

■ムダ毛処理をしておく

・「デリケートゾーンのムダ毛処理を含むお手入れ」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「きちんとデリケートゾーンの毛をキレイにする」(28歳/電力・ガス・石油/その他)

婦人科検診を受けるときは、下着も脱いで、内診台に乗らなければならないもの。ムダ毛処理をしていないと、恥ずかしい思いをすることもありそうですね。

■デリケートゾーンの洗浄

・「デリケートゾーンの洗浄。不快感を与えないため」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「デリケートゾーンをキレイに洗う。汚かったら恥ずかしいから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

検診時、急にデリケートゾーンを調べられて驚いてしまう人も。事前にきちんと清潔にしておくと、恥ずかしい思いはせずに済みそうですね。

■トイレに行く

・「トイレに行く、なかなか直前だとためらわれる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「トイレを済ませておく方がいい」(23歳/食品・飲料/営業職)

検査を受ける直前までに、なるべくトイレを済ませておくことも必要ですよね。ただし、尿検査もある場合がありますので、事前に確認はしておいたほうがよさそうです。

■まとめ

初めて婦人科検診を受けるときは、何を準備していけばいいのかわからない人もいるもの。事前に内容を調べておくなど、しっかり備えておけば当日も安心です。毎年定期的に受けるようにすれば、検診前に何を準備するべきかも、エチケットとして身につきそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月14日
調査人数:115人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]