お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「オンナ」になる瞬間! 女性ホルモンが分泌されてる気がする時・6選

ファナティック

カップル生理のときに大きく影響する女性ホルモン。目には見えませんが、恋をすると女性ホルモンが活性化されてキレイになる、なんて言われることがよくありますよね。そこで女性のみなさんに「女性ホルモンがたくさん分泌されてそう!」と感じた瞬間についてくわしく教えてもらいました。

■恋愛ドラマ

・「キュンキュンするドラマや映画を見ているとき」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「恋愛ドラマを見る。キュンキュンできそうだから」(33歳/不動産/専門職)

恋愛ドラマを見たときは、女性ホルモンが分泌されているような気がしますよね。キュンときているのは、実際に女性ホルモンが分泌されている証拠かもしれませんね。

■彼とのスキンシップ

・「彼とくっついているとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「好きな人のことを考えたり、スキンシップしてると増えるような気がする」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ギュッと抱きしめられるとき。幸せでホルモンが出てるような感じがするから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「好きな人に抱きしめられること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

彼とスキンシップしているときに、女性ホルモンが分泌されているような気になる女性は多いのではないでしょうか。女友だちといる時とはまたちがう、幸福感やドキドキ感に満ち溢れた時間ですよね。

■好きな芸能人

・「好きな男性タレントを見てキャーキャーすること」(34歳/金融・証券/営業職)

・「好きなアイドルのコンサートに行く」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

好きな芸能人を見たときに、女性ホルモンの影響を感じる人もいるようですね。好きな気持ちが高まると、脳が活性化されて女性ホルモンが増えることもあるようです。

■大豆製品

・「大豆製品をたくさん食べる」(31歳/その他/その他)

・「豆乳をたくさん飲むこと」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと類似しているともいわれますよね。女性ホルモンを増やしたいと思うときは、大豆製品がオススメといえるのではないでしょうか。

■新しいモノ

・「かわいい下着をつける」(22歳/建設・土木/技術職)

・「新しい下着を身につける。新しい服を着る。新しい化粧品を使う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

新しいなにかも身につけたり、使いはじめると、新鮮な気持ちを味わえて気持ちも上がりますよね。そんな時にワクワク感をおぼえる女性は少なくないようです。

■まとめ

女性らしい体型を保つことや、キレイな肌を保つことに影響があるとされている女性ホルモン。彼とベタベタすることでも、女性ホルモンは分泌されるようですが、食生活を正すことでも効果があるようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~37歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]