お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

「ダサい女性」の特徴5つ

ファナティック

デートに行くときは、できるだけかわいらしいファッションで決めてきてほしいと思う男性も多いのではないでしょうか。やる気のないスタイルで挑むと、男性たちから「正直ダサい……」と判断されてしまうことも。そこで今回は、男性のみなさんに「ダサいと思う女性の特徴」をぶっちゃけてもらいました。

(1)いつもスウェット

・「スウェットで出歩くような女性はイヤだ」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「スウェットしか着てこない女性」(39歳/その他/その他)

どんなときでもスウェットやジャージでしか出歩かないような女性だと、ダサいと思われても当然。身なりに何も気を遣っていないのがバレバレですよね。

(2)ファッションセンスがない

・「ファッションセンスがぐちゃぐちゃな人」(39歳/情報・IT/技術職)

・「ファッションセンスが悪い」(39歳/その他/事務系専門職)

がんばってみても、何だかセンスの悪い人も中にはいるもの。特にファッションセンスがないと、あからさまにダサいと思われてしまうかもしれませんね。

(3)服装が男っぽい

・「女性らしい服装をせずに、ボーイッシュな格好ばかりの人」(39歳/自動車関連/その他)

・「男性がするような服装をする」(39歳/不動産/営業職)

メンズライクなスタイルのファッションを好む人もいますよね。でも、男性からすると、あまりウケはよくなさそう。あえてのメンズライクなのに、「手抜き」認定されてしまうこともあるようです。

(4)服が古くさい

・「服が古くさい。いまどきに合っていないので」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「服が昭和っぽい」(37歳/自動車関連/技術職)

選ぶ洋服が古くさいと、ダサく見えてしまうこともあるのでは。あえて狙っていたとしても、理解してもらえないと意味がなさそうですね。

(5)ファッションに無頓着

・「外見を気にしない人、ファッションとか」(38歳/建設・土木/技術職)

・「ファッションに無頓着な人」(38歳/機械・精密機器/技術職)

ファッションそのものをあまり気にしない人だと、ダサいと思われる様子。オシャレな女性になろうと思ったら、まずファッションから改善していくべきのようです。

<まとめ>

あまりファッションにかまわない人だと、ダサく見られることもあるようです。また、逆に張り切りすぎても、理解してもらえないことが……。彼とデートへ行くときは、無難だけど女性らしさを忘れないファッションで出かけるのが一番かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~2016年11月21日
調査人数:385人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]