お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

顔赤くなってんぞ? 男性がドキッとする「女子の恥じらい」6つ

ファナティック

恥じらいのある女性は、男性からの好感度が高いですよね。恥じらっている姿を見て、ドキドキしてしまう男性は多いようです。では具体的にどんな姿に興奮するのか、男性のみなさんに聞いてみました!

スカートをおさえているとき

・「スカートをおさえる。必死な姿が興奮する」(39歳/その他/技術職)

・「階段などを上るときに、スカートなどをおさえること。見られたくないものを見たくなる気持ち」(34歳/情報・IT/営業職)

風が強いときや階段を上るときは、スカートの裾をおさえますよね。その恥じらいにグッとくる男性は多いよう。余計に「見たい!」という男性の気持ちを騒き立てそうですね。

胸を隠しているとき

・「胸元を隠すしぐさ」(29歳/情報・IT/技術職)

・「胸の谷間を隠す。隠されると萌える」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

胸元がちょっと開いた服装で前かがみになるときは、自然と胸元を隠したくなりますよね。でも「隠されると萌える」という男性も。隠されるほど見たくなるのが男のサガなのかも?

ミスをして顔を真っ赤にしたとき

・「うっかりミス。かわいいと思う」(24歳/その他/その他)

・「ちょっとしたミスで顔を真っ赤にする子とかかわいい」(33歳/その他/事務系専門職)

仕事でちょっとしたミスをしたとき、顔が赤くなって余計に恥ずかしい、と思う女性は多いのでは? 男性はそんな姿を見て「かわいい」と思うようで、好印象みたいですね。

言いまちがいをしたとき

・「言いまちがえて恥ずかしそうにしているとき」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「言いまちがいしたとき。事後で気づいて恥ずかしがるのがかわいい」(23歳/情報・IT/営業職)

会話の中で言いまちがいをしたことに気づくと、とても恥ずかしくなりますよね。その言いまちがいをなかったことにしたくなりますが、男性はその恥じらいを好意的に受け止めているようです。

下ネタに乗ってこないとき

・「ちょっとした下ネタに少しはにかんでいるとき」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「下ネタを言おうとすると話をそらしたがる。S心を刺激されるので」(33歳/人材派遣・人材紹介/その他)

男性からの下ネタに乗っかってその場を盛り上げる女性よりも、恥ずかしそうに下を向いたり話をそらしたりする女性のほうが、男性の心をくすぐるようです。下ネタにはあまり積極的に乗らないほうがよさそうですね。

<まとめ>

スカートをおさえたり胸元を隠したりするしぐさから、ミスや言いまちがいをして顔を真っ赤にするしぐさなど、男性が興奮する女性の恥じらいはバリエーションが豊富。女性としては本当に恥ずかしがっているのですが、男性からするとその恥じらいがグッとくるようです。どんなときでも、恥じらいを忘れない女性を目指したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日~2016年11月9日
調査人数:404人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE