お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

親の顔が見てみたいわ! 彼女の育ちを疑った瞬間6選

ファナティック

フォー気になる相手がいても、実際に付き合ってみないことには、相手の生活習慣や育ってきた環境が見えてこないもの。あまりにも合わない場合だと、結婚は考えられないこともありますものね。男性が、パートナーの「育ち」を疑いたくなった瞬間をまとめてみました。

お箸の持ち方

・「お箸の持ち方が微妙だったとき」(30歳/情報・IT/その他)

・「箸の持ち方。あまりに変な持ちかたをしていたので、心配になった」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

お箸の持ち方が悪いと、どんな育てられ方をしたのかが見えてきますよね。持ち方が悪いと、ゆくゆくは自分が苦労するということを、親なら分かっていますものね。

食べ方が汚い

・「ご飯を食べながら、ペチャクチャしゃべる人」(29歳/建設・土木/技術職)

・「食べ方が私よりも汚いという事」(22歳/その他/その他)

食べ方を見れば、どんな食事の仕方をしてきたのかが分かるもの。音を立てながら食事をしたり、口に物を入れているのに話をするようであれば、育ちはあまりよさそうでないと思えそうですね。

言葉遣いが悪い

・「言葉遣いが怒ったときに悪くなり、態度に出るとき。どこでその言葉をと感じるときがある」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「言葉遣いが女性らしくないところがある」(35歳/運輸・倉庫/その他)

子どもの言葉遣いというのは、家庭環境によって決まってくるもの。乱暴な言葉ばかり使うのは、親の話し方をそのまま真似てしまったからということが考えられるのでは。

片づけができない

・「部屋の片づけができない」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「片づけが苦手」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

あまり部屋の片づけが得意でないと、どんな育ちをしてきたかが見えてくることも。とはいえ、ただ甘やかされて育ってきたという可能性も高いですよね。

服を脱ぎっぱなしにする

・「服を脱いで裏返ったままにしている」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「風呂に入るとき脱いだズボンが脱いだ形のまま置かれていたとき」(31歳/自動車関連/技術職)

脱いだら脱ぎっぱなしにしているのは、それを注意されなかったからということが考えられそうです。もしかして、全て親が片づけてあげていたのかもしれませんね。

好き嫌いが多い

・「好き嫌いが多いのか、食べ物を簡単に残してしまう。もう少し、考えて注文するとかすればいいと思った」(31歳/機械・精密機器/営業職)

・「好き嫌いが多い」(29歳/医療・福祉/専門職)

食べ物の好き嫌いが激しいのは、子どもの頃にかなり甘やかされたことが考えられますよね。食べ物を粗末にしないように教えるのは、やはり親の役目ですものね。

まとめ

いろんな場面で、パートナーの育ちを疑いたくなってしまったことがあるようですね。育ちが悪いからと決めつけてしまいそうですが、親が甘やかして育てたことも考えられるもの。どちらにせよ、マナーの悪さは、後々、本人が苦労しますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数366件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE