お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が落ちやすいのは「直接的なアプローチ」VS「間接的なアプローチ」?⇒9割以上が……。

ファナティック

男性から好意を抱かれているとうすうす気づいているときは、いつアプローチをされるかが気になるものですよね。本人が直接アプローチしてくるのか、それとも友人に頼んでくるのかはわからないところ。女性のみなさんなら、どちらのアプローチをされたいと思いますか?

Q.どちらのアプローチをされるほうがいいですか?

男性本人から直接的なアプローチ……92.1%
まわりの友人からの間接的なアプローチ……7.9%

ほとんどの人は、本人から直接アプローチされたいと思っているようですね。みなさんの意見を見てみましょう。

<男性本人から直接的なアプローチ>

■正面からきてほしい

・「男性なら正面からぶつかってきてほしい」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「男性らしく面と向かってアプローチしてほしい」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

男性なら、正面から堂々とアプローチしてほしいと思いますよね。少し強引なぐらいのアプローチのほうが、弱い女性もいるのでは。

■直接聞かないと不安

・「直接思いを聞きたい、間接だと話が変わりそうだから」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「直接言われないと、まわりからだと本当にそう思ってくれているのか不安だし、いたずらかもしれないので」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

本当に好意があるのかどうかは、本人から直接聞かないとわからないもの。友人経由になると、話を盛られることもありますものね。

■本気度を感じる

・「直接、アプローチをしてくれたほうが思いは伝わるから」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「直接アプローチされるほうが本気度を感じます。間接的なんて男性らしくない!」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

本人から直接アプローチされたほうが、相手が本気なんだということが伝わってきますよね。真剣な気持ちならば、自分の口から伝えてほしいものです。

<まわりの友人からの間接的なアプローチ>

■ドキドキしそう

・「なんとなくドキドキ感が増すから」(24歳/自動車関連/事務系専門職)
・「なんか、学生のころみたいでわくわくする。楽しそうだから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

友人から間接的にアプローチされると、なんとなくドキドキしてしまうものですよね。友人から気持ちを聞かされるなんて、学生時代を思い出しそうです。

■気持ちがわかりやすい

・「友人も巻き込んでくれるとわかりやすくていい。まわりに迷惑が掛からなければ」(26歳/医療・福祉/専門職)

友人も巻き込んでいるというのは、本人が真剣だということの証拠かもしれません。とはいえ、あまり友人に迷惑をかけるのはNGですよね。

■直接だと対応に困る

・「ダイレクトなのは、かなりドン引きだから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「直接されると、どう接してよいかわからない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

あまりよく知らない男性だと、直接アプローチされても困ることもあるもの。友人から仲介してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

まとめ

アプローチされるなら、できるだけ本人からしてもらいたいという人が多いようですね。本当に好きな気持ちがあるなら、友人を介してよりは、自分の口から聞かされたほうがうれしいものではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数152件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE