お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対に言えねー!! 男性が「本命女性」に隠すフェチ5つ

ファナティック

普段あまり人には言えないけれど、「ここが好き!」と強いこだわりを持ったフェチはもっている人も多いもの。今回は、もしかして自分だけかも!? と思った、ちょっと恥ずかしい自身の「フェチ」について、男性たちに語ってもらいました。

足フェチ

・「女性の足の指を舐めるのが好き」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「内側の太ももをスリスリするのが好き」(32歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

美脚好き=足フェチなのかと思いきや、よりマニアックな足フェチも数多く存在しているようです。

声フェチ

・「恥ずかしいことはないですが、声フェチです。アニメ声のような子が好きというわけではなく、ちょっと特徴のある子が好きになりやすいです」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「声フェチである。アニメ好きだから」(29歳/電機/技術職)

意外と多いと言われるのが、「女性の声」にこだわる男性の意見です。耳になじむ声は「ずっと聴いていたい!」という欲望に駆られるようですね。

においフェチ

・「香水でも柔軟剤でもいいので、いい香りがすると、こっそりにおいをかいでしまう」(37歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「相手のにおいを嗅ぐのが好き。好きな人のにおいはいつまで嗅いでも飽きません」(25歳/学校・教育関連/営業職)

・「女性の汗のにおいが好き。シャワーを浴びてもらいたくない」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

こちらは、女性が発するにおいにつられる男性たちの意見です。「キミの香りにグッとくる」なんて言われたら……女性もちょっと揺らいでしまうのかも!?

毛フェチ

・「髪フェチ。多いように思えるけど、自分は髪型はもちろん、においとか長さとかにもこだわるから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「毛フェチ。女性の毛なら何でも好き。背中とか脇とか産毛や剃り後を見てもドキドキする」(35歳/不動産/事務系専門職)

美しい長い髪は、女性ならではの魅力でもあります。髪にも個性がありますから、「自分の理想の髪」に出会えた瞬間の喜びは計り知れないものなのでしょう。一方、「毛」全般をよりディープに愛する男性もいるよう。「剃り跡が好き」と言われても、正直戸惑ってしまいそうですね。

コスプレフェチ

・「交通指導員のコスプレがたまらなく好きであること」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「制服フェチ。やってくれないけどね」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

数多くのコスプレの中でも「特別にコレ!」というこだわりを持つ男性もいるよう。「打ち明けて引かれたら……」という気持ちもわかりますが、思い切って打ち明けてみることで、恋人との時間をより充実させられるのではないでしょうか。

まとめ

フェチは個人の好みですから、他の人がとやかく言うような問題でもないのでしょう。もしかしたらあなたの恋人にも「隠されたマニアックなフェチ」があるのかも……!? さりげなく聞き出してみるのもオススメですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日~11月9日
調査人数:185人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE