お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

品がねーなっ! お家デートで「育ちが悪い」と引かれる行動7つ

ファナティック

彼の家に遊びにいくことが増えると、つい自分の家のように振る舞ってしまうことがあるもの。しかし、普段の自分を出しすぎたあまり、彼に「育ちが悪い」と思われてしまうこともありそうです。そこで今回は、お家デートで「育ちが悪い」と思う女性の行動を、男性のみなさんにぶっちゃけてもらいました。

(1)靴を揃えない

・「靴を揃えない。自分の家でしなくても、よその家に上がるときくらいは意識してほしい」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「靴を揃えて玄関で脱ごうとしていない」(24歳/食品・飲料/事務系専門職)

靴を揃えるのは、育ちがどうこうというよりも常識の範疇です。靴を揃えないのは、非常識と思われてしまっても仕方がないのかも。できている人はたくさんいるだけに、できていないことが目立ってしまいますよね。

(2)あぐらをかく

・「座るときに足を広げて座ったりするとき」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「座り方がだらしない人は育ちが悪いと思う」(36歳/小売店/営業職)

女性なら、足は開かないというのが基本ですよね。どこの家庭でも女性が足を開いて座っていたら、怒られるのではないでしょうか。あぐらは見た目も男性的なので、男性ウケは悪そうです。

(3)部屋のものを勝手に見る

・「勝手にタンスや引き出しを開ける。冷蔵庫を開ける」(37歳/その他/その他)

・「部屋にあるものをなんでも見ようとする。節操がない感じがするから」(37歳/商社・卸/営業職)

他人の家の中を勝手にいろいろ触るのは、非常識な行為と言えそうです。親しき仲にも礼儀ありですよね。ちょっと気になるものがあったときは、彼に断ってから触るのがマナーですよ!

(4)家族にあいさつができない

・「親に会ったときのあいさつがちゃんとできない」(32歳/不動産/営業職)

・「家に入っても家族にあいさつもせず、はきものも揃えない女性」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

人に会ったときはあいさつをするのが基本ですよね。ましてや、彼の両親に会ったときのあいさつは基本中の基本! 彼氏の親からの評価が低くなってしまっては、のちのちイヤな思いをしそうですよね。

(5)食べ方が汚い

・「くちゃくちゃ音を立ててごはんを食べる。ひざを立てながらごはんを食べる」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「食べ方が汚い。口に食べ物を入れてしゃべる」(29歳/情報・IT/その他)

食事のマナーができていないと、食べ方が下品になってしまいます。これもあまり育ちがいいとはいえないかもしれませんね。意外に他人の食事マナーを気にする人は多いので、「見られていること」を意識することは大事ですよ!

(6)家が片づいていない

・「家の中が整理整頓されていない」(32歳/その他/その他)

・「家が散らかっている状態で、それをなんとも思わない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

逆に彼を家に招く場合、整理整頓がきちんとできていないとドン引きされてしまうことが……。散らかっているのを恥ずかしいと思うようならまだいいのかも。散らかっていることが気にならなくなってしまっては、彼に育ちを疑われても仕方ないですよね。

(7)服を脱ぎっぱなし

・「食べ方が汚い服も適当に脱ぎ捨て」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「脱いだら脱ぎっぱなし、片づけられない」(39歳/運輸・倉庫/その他)

疲れているときなど、つい服を脱ぎ捨ててそのままにしていることはありませんか? そんなズボラな行動は、彼氏もしっかり見ているもの。服の脱ぎっぱなしは印象最悪ですよ!

<まとめ>

育ちのよさは、どんな家庭でどのように育てられたかでちがってきますよね。とはいえ、あいさつやマナーなど、自分の意識や努力次第で変えることは可能なはず。一度自分の言動を見直して、次のお家デートまでに改善できるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~2016年9月22日
調査人数:375人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE