お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

略奪愛は幸せ? 略奪愛を成功させる方法とその後

神崎桃子(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト)

「恋はするものでなく落ちるもの」
人を好きな気持ちをコントロールすることなどできません。

自分の意思で好きになるというよりも「いつの間にか好きになっていた」「気づいたらこんなにも愛していた」というのが恋だからです。

無理やり人を好きになることもできなければ、無理やり好きな人を諦めることだってできないのです。たとえ相手には彼氏や彼女がいようとも、いくら自分の分が悪くとも、好きになった思いを簡単に手放せないのが恋というもの!

今回は彼女がいる男性を好きになってしまった女性たちへ恋愛コラムニスト・神崎桃子が
愛のメッセージを送ります。

「略奪愛」とは

「あの人には彼女がいるんだもんね……」
「でもでも、好きになっちゃったんだもん、仕方ないじゃない」

そう、好きな相手には決まった彼女がいるとなれば葛藤が生まれる。付き合って別れることよりも、女にとってはある意味、「好きになってしまった相手を付き合う前から諦めること」ほど辛いことはない。

「どうしても諦められない」なると、残された道はひとつ。彼を奪うこと。略奪愛が正解か正解ではないか、あなた自身も一緒に考えてみてくださいね。

略奪愛と浮気の決定的なちがい

略奪愛とは、決まった恋人やパートナーがいる相手の仲を引き裂き、自分と恋愛関係に持ち込むことです。

略奪愛が浮気とちがう点は「相手に本命と別れさせること」でしょう。略奪愛の目的は、自分がセフレになることや都合のいい女になることでなく、その相手のオンリーワンになることにあるのです。

略奪愛っていけないこと?

もし、あなたの好きになった相手に妻と子どもがいたら、または彼には婚約している彼女がいたら。そこで略奪愛をまっとうすればペナルティは高くつくでしょう。

ですが、彼の相手はまだ「彼女」だとしたら、その思いをなかなか捨てられないのも仕方ありません。「出会いがあっても恋愛できない」「そう簡単に人は愛せない」と悟ったあなたの“大人になってからの恋”はたやすく手放せないのが現実でしょう。

次ページ:後悔する? 「略奪愛」のそのあととは

SHARE