お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やだ、超感動! 男性が生理中の彼女にしてあげたいこと・3選

フォルサ

女性にとっては毎月の決まり事でも、男性にとって理解不能な体のこと。「生理」の時、彼女の様子がギスギス・イライラしているように感じませんか? その精神的不安定を察知した時、男性が彼女にしてあげたい気遣いはあるか、それはどんなことかを質問してみました。

■いたわってあげる

・「何か食べたいものがあるか確認をする。自分で変わってあげることはできないので、せめて食べたい物を買ってきたりする。」(34歳/情報・IT/営業職)

・「テレビを見ながらでも体を擦るように横にいる。」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「たいちょうをきづかうおもいやり」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「ゆっくりと寝ていいよといつもより優しく接する事。」(37歳/機械・精密機器/技術職)

痛みやイライラは、女性もうまくコントロールできないもの。そのイライラをわかっているけどどうしようもない、気持ちに余裕がなくなった彼女をやさしくフォローしてあげるという、男性のやさしさを感じる回答が多く寄せられました。

■自分ができそうなことを

・「炊事や掃除、洗濯など身の回りのこと」(38歳/商社・卸/営業職)

・「体がだるそうなので腰のマッサージ」(39歳/農林・水産/専門職)

・「自分ができることを、粛々とこなしている。」(36歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「ただひたすら抱きしめて頭をなでること。」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

辛そうな彼女に何かしてあげたい、でも気持ち的に刺激するのはよくないかも……。できることを彼なりに考えて、体の負担や気持ちのクサクサを和らげてあげるという、ほほえましい気配りをしている男性もいるようです。

■あえて刺激しない

・「生理やその様な時は男は守るべき」(37歳/自動車関連/技術職)

・「距離を置いて、個人行動をするに限る」(35歳/自動車関連/技術職)

・「むしろほっとくのが一番なのでなにもない」(37歳/その他/事務系専門職)

・「特にしてあげられることはないと思う。普通に接することくらいかな。」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

どのタイミングや言動でイライラスイッチが入るかわからないのが、生理の不安定さ。それを知ってか知らずか、「あえて放置」スタイルの男性もいました。やさしくしても「放っておいて!」と言われると、分かっていてもつらいですもんね。

■まとめ

男性には全てを理解するのが難しい生理について、まず、その時期をオープンにしているカップルが多いということが、アンケート結果から分かりました。体調不良や気分の落ち込み、イライラは、一時的なもの。終われば元通りになるはずなので、温かく見守ってほしいですね。


※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/竹林みか)

 

お役立ち情報[PR]