お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

「許されるのはどうせイケメンだけだろ!」と思うこと6つ

ファナティック

美人に弱い男性は多いものですが、イケメンに弱い女性だって多いはず。同じことをされても「かっこ悪い人」だと許せなくて、「自分好みのイケメン」だと許せてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。働く男性たちが「許されるのはどうせイケメンだけだろ!」と思っていることを、アンケートで聞いてみました。

<男性が「許されるのはどうせイケメンだけだろ!」と思うこと>

■何を着ていても……

・「流行りの服を着ること。普通の男が着るとダサい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「安い腕時計が似合うのはイケメンだけや」(25歳/その他/その他)

ちょっと微妙な流行の服も、プチプラアイテムもブランド物も……さらりと着こなしてしまうのが、イケメン男性の魅力です。「顔がいい」というだけで、自信をもって着こなしているように感じてしまうのかもしれません。

■一時期流行ったアレ

・「壁ドンやお姫様抱っこがされたいという女子」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「壁ドンやあごクイなど。そのような技はイケメン以外がやったら、犯罪になるから」(29歳/建設・土木/技術職)

自分の好みではない男性にやられたら、叫んでしまう人も多いはず。確かに女性の脳内の妄想相手は、たいていイケメンなのかもしれません。

■下ネタ

・「ちょっとエッチな話をしても、女性が嫌がらない」(39歳/情報・IT/技術職)

普通の男性だとドン引きでも、イケメン男性なら、これも許されてしまうそう。とはいえ、イケメンでさらりと下ネタを言う男性に「チャラさ」を感じる女性も多いはず。ちょっと身構えてしまいそうです。

■趣味

・「オタク趣味でも許される」(35歳/その他/その他)

・「男の悪いところ、なんて気にならないとか、〇〇してる男子好き、みたいなの。同じ趣味でもそれをやっている人がどんな男かによって絶対反応がちがう」(28歳/その他/クリエイティブ職)

相手の趣味を聞いて、ドン引きするのか、それとも「え~意外~!」なんてテンションをあげてしまうのか。こんなところにも、相手の「顔」が影響しているよう。趣味が変でもイケメンだと、女性的には「隙」のように思えて、より一層モテるのではないでしょうか。

■オトコを選ぶ基準、女性のホンネは?

・「好きになったらお金がなくてもいいと言うが『どうせイケメンだけだろ』と思う」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「人間は中身だよ、という発言。外見が悪いと中身を見ようともしないくせに」(24歳/警備・メンテナンス/営業職)

「顔よりも性格が大事!」と思う女性は多いはず。「どうせイケメンじゃなきゃ……」と思うのは、少々卑屈になりすぎかも!? 女性は、ふとした瞬間のかわいさやギャップにだって弱いもの。自信を持って、愛あるアピールをしてもらいたいですね!

■かっこいいしぐさ

・「頭を撫でられてキュンとしたなどの女子の話」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「テレビなどで見かける男性のかっこいいしぐさは、イケメンでないと厳しいと思います。実際女友達から、全然かっこよくない人がやっているのを見て萎えたと言っていたので」(25歳/建設・土木/営業職)

ドラマや漫画の世界では定番のかっこいいしぐさですが、「イケメンのみに許される特権」と感じる男性も多いよう。しかし現実には、「イケメン」ではなく「好きな人」限定でお願いしたいもの。そこを誤解してほしくはありませんよね。

<まとめ>

確かにイケメンに弱い女性は多いものです。しかし「イケメンにキャー!」となる気持ちと、「本当に相手を好きになる」気持ちは、似て非なるものと感じる方も少なくないはず。イケメンではなくても、モテることは十分に可能! 「イケメンだけが許されるんだろ」なんて卑屈になるのは、もったいないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日~2016年10月14日
調査人数:318人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]