お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ぐへへっ、たまんねぇ♪ 女性に触れられて「ドキッとした」カラダのパーツ

ファナティック

気になる男性を振り向かせるには、積極的な行動が必要なこともありますよね。普段はおとなしい女性が、さりげなくボディタッチをすると、男性もドキドキすることがあるのではないでしょうか。そこで今回は、社会人男性のみなさんに、女性に触れられてドキッとしたカラダのパーツを教えてもらいました。

■手

・「お酒を飲んでいるときなどに、手を触れられるとドキッとする」(34歳/情報・IT/営業職)

・「手と手が触れ合ったとき、ちょっと冷たくてドキッとした」(24歳/医療・福祉/技術職)

意外ともいえそうですが、手が触れあっただけでドキドキしてしまう男性はとても多いようです。あまり意識していないからこそ、ときめいてしまうのかもしれませんね。

■太もも

・「太ももに触れられたときは露骨だけどドキッとした」(29歳/不動産/営業職)

・「太ももの内側をさりげなく触れられたとき」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

普段は触れられることのないパーツをタッチされると、ドキッとしてしまう男性もいるようです。ただ、女性側としても、触れるとドキドキしてしまいそうなパーツですよね。

■腕

・「二の腕。けっこう胴体に近い部分だから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「腕なんかをふいに掴まれたらドキッとする」(26歳/医療・福祉/専門職)

女性からふいに腕を掴まれると、ドキッとしてしまう男性も。カラダの距離が近くなる分、余計に意識してしまうのではないでしょうか。

■顔

・「顔にさりげなく触れられるとどきっとする」(38歳/通信/事務系専門職)

・「顔(頬)に触れられたとき。嫌いな人の顔は触れないと思うので」(31歳/印刷・紙パルプ/技術職)

顔を触れられると、さすがにドキドキする男性も多いようです。相手に好意がある可能性がグッと増すので、気持ちが高まってしまうのかもしれません。

■胸

・「胸。あまり触れられる場所ではないから」(26歳/その他/事務系専門職)

・「胸板。寄り添うように胸板を触れられたとき」(34歳/その他/販売職・サービス系)

男性でも胸を触れられると、気になってしまうようですね。よほど親密な間柄でないと、胸に触れることは少ないのではないでしょうか。

■肩

・「肩が触れ合ったとき。手が触れるよりずっと近くに感じたから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「肩とかを自然な感じで触れられるとドキッとする」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

さりげなく肩が触れるだけでも、相手の女性を意識してしまう男性もいるようです。大胆なタッチよりも、触れるか触れないかぐらいのほうが、ドキドキするのではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたか? 顔や太ももにタッチするのは、勇気がいるパーツですよね。ただ、あからさまに触れるより、手や肩などにさりげなく触れたほうがドキドキする男性も多いのではないでしょう。気になる男性に、ぜひ試してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月16日~9月20日
調査人数:352人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]