お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

アイタタタ! 生理中はやりたくない仕事6選

ファナティック

人によって程度の差はあれど、気分が憂うつになったり体調も悪くなったりする「生理」。本当なら1日中、寝て過ごしたいところですが、そうもいかないのが働く女性のつらいところですよね。今回は、生理のときにはやりたくないと思う仕事について女性たちに聞いてみました。

<生理中はやりたくない仕事>

■立ち仕事

・「立ち仕事。生理痛がひどいので、立っているとつらいから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「立ち仕事。腰や足が痛くなって、つらい」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ずっと立ったままというのは生理中でなくてもつらいものですが、体がむくみやすい生理中は特に脚がパンパンになって大変そう。生理痛で腰が重いときにも立ち仕事はしんどいですよね。

■座り仕事

・「ずっと座ってると横漏れしそうで嫌だ」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「長時間の会議。お手洗いに行けないので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

座り仕事は一見楽に見えますが、好きなときにお手洗いに行けないような長時間の座り仕事は女子にとってきついもの。万が一、横漏れして洋服や椅子を汚してしまったらと思うと、気が気ではありませんよね。

■外まわり

・「出歩く仕事。出歩かず座っていたいから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「外まわり。真夏とかだと体調が非常に悪くなりそう」(33歳/不動産/専門職)

職場によっては1日中外を歩きまわる仕事も多そうですが、暑い季節は体調が悪くなりそうだし、寒い季節は体が冷え切ってしまいそう。外まわりが中心の仕事は生理中にはかなりきついかもしれませんね。

■力仕事

・「力仕事。ジーっとしている事務作業も嫌だけど、思い荷物を持ったり力がいる仕事は一番きつい」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「力仕事。おなかに力を入れるから、血がドバッと出て気持ち悪いから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

力仕事をするときにおなかに力を入れた瞬間、あの嫌な感じを味わうのが嫌だという人も。こういうときは、普段なら自分でやる仕事も男性にお願いしたくなりますね。

■集中力が必要な事務作業

・「事務作業であります。イライラするのでまちがえる」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「集中力を要する事務仕事はできるだけ避けたい」(33歳/生保・損保/営業職)

イライラすることも多い生理中は、集中力にも欠けることがあるので、事務仕事は避けたいという女性も。細かい数字を扱う仕事だと書類を見ているだけで頭痛がしてきそうですね。

■長時間拘束される仕事

・「長時間自由にトイレに行けないような拘束されるような仕事。漏れが気になるので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「製造業ではよくあると思うのですが、ずっとラインにいてすぐにトイレに行けない内容の仕事。行きたいときにトイレに行けないので」(32歳/食品・飲料/技術職)

ナプキンを取り換えたくてもタイミングよくトイレに行けない。席を外すことが簡単にできない長時間拘束される仕事も生理中の女性にとっては、漏れやニオイなどが気になって仕方がないようです。

<まとめ>

生理のときもいつも通りの仕事をしないといけないというのは、ツラいことも多いようですね。ほかの体調不良とちがって、人には言いにくいので黙って耐えているという人も少なくなさそう。女性同士でもわかりあえないことがある、生理のときの体調不良や気分の悪さ。月に一度、数日のこととはいえ、当人にとってはかなりの苦痛であることはまちがいないでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~2016年10月06日
調査人数:109人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]