お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

全然感じない……。妻が夫を「オトコとして見れなくなる瞬間」6つ

ファナティック

結婚して家族になったからといって、パートナーを異性として見られなくなるのは悲しいですよね。ですがあまりに2人の関係性に慣れすぎると、夫を男性として見ることができなくなってしまうこともあるようです。今回は、既婚の働く女性のみなさんに夫を異性として見られなくなってしまった瞬間について聞いてみました。

■自分がお母さん化していると感じたとき

・「子どもみたいに甘えてくるとき」(34歳/その他/その他)

・「身のまわりのことを全部やってあげていることに気がついたとき」(34歳/その他/その他)

頼りがいがあった彼の姿はいったいどこへ……? と思ってしまうほど子どもっぽい彼の言動を見ていると、パートナーというよりは彼のお母さん役をやっているような気分になってしまい、男性として意識できなくなってしまうようです。

■「慣れ」が強くなった

・「毎日一緒にいると慣れてしまう。お風呂上がりにトランクス1枚でも何も感じなくなる」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

相手の裸を見ても何も感じないどころか、それが当たり前になってしまうと、もはや男女の壁は存在しなくなるのかも。

■子どもができてから

・「子どもが生まれたときからだと思います。その瞬間から父と母になるわけですから。子どもが一番になると思いますし、育児にかかりきりだと、夫を考える余裕もなくなりそうだからです」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「子どものことが絡むと異性というより『父親としてしっかりして!!』と思ったりします」(31歳/その他/その他)

子どもの誕生は夫婦に大きな影響を及ぼします。どうしても子ども中心の生活になるため、父親としての役割を夫に求めてしまうもの。「お父さん」という呼び方になるのもこのころ?

■恥じらいがなくなったとき

・「好きな人の前でやったら恥ずかしいこと(おなら、げっぷetc)を何食わぬ顔で普通にされたとき。そんなことで嫌われないだろうという自信が、そういう行動を起こすことにつながっていると思う」(25歳/その他/その他)

・「おじさん化しているとき。食事中のおならなど」(22歳/その他/その他)

こんなことやってしまったら相手に不快感をあたえてしまうかも……といった気遣いはもはやどこにもありません。パートナーとの生活に慣れてしまったがゆえの弊害と言えるでしょう。

■体の関係がなくなった

・「付き合ってから10年以上経ち、ここ数年はほとんど体の関係もなく、結婚してからは子どもを作るためだけにしかしないため、ムードも何もなく、性的に興奮することはなくなったため」(29歳/その他/その他)

・「性行為ができなくなったとき」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

家族として一緒にいる期間が長くなってしまったためか、夫を「男性」として意識できなくなってしまったという女性も。

■これだけは許せん!

・「浮気。約束を守らない。信じていたのに裏切られたらガッカリする」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「浮気したとき。異性、旦那、というものがまったくの他人に切り替わってしまった」(30歳/その他/その他)

異性として見られなくなるというよりも、相手への信頼が崩壊すると言ったほうがニュアンスが近いかもしれません。家族を裏切る人とは幸せな家庭を築くことは難しいだけでなく、愛することも難しい……?

■まとめ

異性として見られなくなってもそこにある愛情や友情でパートナーと幸せな人生を送るのか、それとも見切りをつけるのか、それは今まで築いてきた2人の関係性によって結論がわかれそう。異性として見られなくなる前に、自分にも関係改善のためにできることがないか考えることも大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日~27日
調査人数:212人(22歳~34歳の既婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]