お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

いいなあ~! 「他人がうらやむ夫婦」の特徴6つ

ファナティック

結婚生活がうまくいっていそうな幸せな夫婦。自分もこんな風になりたいと思える夫婦が身近にいると、結婚に対しても夢が膨らみそうですよね。では、みなさんが思う「うらやましくなる夫婦像」とはどんなイメージ? 今回は「他人がうらやむ夫婦」の特徴について女性たちに聞いてみました。

<他人がうらやむ夫婦の特徴>

■信頼関係がある

・「お互いが信頼していて感謝の気持ちを持っていること」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「お互いを気遣っていて、思いやりが垣間見える夫婦」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

お互いに相手を信頼しあっているので、何の心配もなく生活できていることが、他人からでもわかる夫婦。夫婦生活を送るうえで大切な信頼関係をしっかりと築けていると、まわりの人からもうらやまれることが多そうです。

■結婚後もデートを欠かさない

・「休みの日は一緒に出かけたり、空いてる時間をうまく使って定期的にデートをする夫婦」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「何十年も連れ添っていても、週末になれば一緒に食事に行ったりしている様子がある夫婦。単純に仲よしなのだろうなと思えてくる行動なので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

夫婦になった途端にデートすることを気恥ずかしく感じるというカップルもいますが、愛しあっている2人なら一緒に出掛けて2人で楽しむ時間を作ることも大事。外で会うというのは、夫婦生活の刺激にもなりますよね。

■いつまでも仲よし

・「いつまでも新婚気分のラブラブ状態が続いている」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「結婚して何年かしても、ラブラブである。普通は数年すると冷めてしまうものだけれど、そうではない夫婦はいいなと思うので」(29歳/学校・教育関連/専門職)

ウザいほどにイチャイチャするわけではないけれど、仲よしなのが伝わってくるようなほのぼのとした夫婦もいいですよね。一緒にいることがあたりまえにならず、一緒にいることに感謝し続けていると仲よし夫婦でいられるのでしょうか。

■個人として尊重し合える

・「お互いを尊重し合って、助け合っている夫婦。そんな夫婦にあこがれるので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつもべったり一緒ではなく、適度な距離がある夫婦。長続きするコツだと思うから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

「夫婦」としていつも一緒に行動するのではなく、個人としての時間も大事にしつつ、夫婦としての時間も過ごす。程よい距離感を保ちながら、個人としても尊重し合える関係でいるのも、うらやましくなる理由でしょうね。

■会話がきちんと成立する

・「いつも会話が絶えず仲がいい夫婦。意思疎通ができてる証拠だと思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「いつも建設的な話し合いができている」(33歳/生保・損保/営業職)

いいことも悪いこともきちんと向かい合って、話し合いができる関係なら2人ともが幸せな気分でいられそう。会話がなくなってしまうと、お互いに考えていることもわからなくなってしまいますよね。

■笑顔が絶えない

・「朗らかなやさしい感じのご夫婦。いつも笑顔」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「ケンカをしない。笑顔が絶えない」(32歳/商社・卸/その他)

ケンカをしてもすぐに仲直りができて、どんなときも笑顔でいられるのもうらやましくなりますよね。相手へのやさしさと自分自身の気持ちの余裕がないと、笑顔もなくなりがち。2人でいるだけで幸せだと思う気持ちを忘れなければ、自然に笑顔が出てくるものかもしれませんね。

<まとめ>

人からうらやまれるようなステキな夫婦。どうせ結婚するのなら、そんな夫婦になりたいものですよね。夫婦生活が長くなればなるほど、言わなくてもわかってくれるはずという気持ちになりがちですが、やはり言葉で伝えないとわからないことも。新婚のころの気持ちを忘れずにいれば、人がうらやむ幸せな夫婦でいられそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~2016年10月06日
調査人数:109人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]