お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

だらしねぇよ……! 夫が気になって仕方がない「妻のカラダの変化」4つ

ファナティック

年齢を重ねるごとに体形は多少なりとも変化していきますよね。夫婦間であっても、パートナーの体の変化が気になることもあるようです。そこで今回は、既婚の社会人男性のみなさんが気になって仕方がない妻のカラダの特徴について聞いてみました。

■1.どんどん寸胴体型に

・「結婚し、子どもが生まれてからウエストのくびれが消滅したこと。芸能人で出産後も変わらないスタイルをキープしている女性が信じられない」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「くびれがどんどんなくなる。太る一方。痩せたときだけ報告してきて、太ったときは報告がない」(26歳/商社・卸/営業職)

すっきりとくびれたウエストも、加齢や出産を経ることで消失してしまうことも。ずっと同じ体型を維持するのは、相当な努力が必要ですね。

■2.年々増え続ける体重

・「どんどん丸くなる。昔からぽっちゃり体型だが、このまま放置すると大変なことになりそう」(31歳/自動車関連/技術職)

・「昔はすっきりしていた体型がふっくらしてきたり、腹まわりが出てきたりする」(28歳/建設・土木/技術職)

家庭があることの安心感か、それとも食べなきゃやっていられないというたくましさからかわかりませんが、加齢とともに体重が増加してしまう人も。健康面を考えても、体重をキープすることは大切ですね。

■3.不安になるほど痩せている

・「とにかく細いこと。体調的に大丈夫か心配になることがある」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「自分と同じ食生活のはずなのに、まったく太る気配がなく、ガリガリなこと」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

若さゆえの体力がなくなってくると、あまりに細い体では疲れやすくなってしまうことも。周囲に不安感をあたえるほどの細さは、決して健康的とは言えませんね。

■4.重力には逆らえない!?

・「子どもが生まれて胸がしぼんで垂れた」(33歳/その他/技術職)

・「二の腕がだらしなくなってきた」(32歳/その他/技術職)

胸や二の腕、お尻は、加齢とともにハリがなくなりたわんでくるパーツです。地球に重力がある以上、仕方のないことではありますが、キープするための努力は必要ですね。

■まとめ

まったく体形の変化なしで年齢を重ねることは至難の業。「このくらい見逃してよ」と言いたくなりますが、ある程度の変化は受け入れながらも、年齢を言い訳にせずに若々しい体形を保てるよう、努力していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月27日
調査人数:180人(22歳〜39歳の既婚の社会人男性)

お役立ち情報[PR]