お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

怖っ! 既婚女性が教える「離婚しそうな夫婦」の特徴・5つ

ファナティック

「あの2人、離婚しそう……」とウワサされるのは、夫婦にとってもっとも不名誉なことではないでしょうか。ですが世の中には少なからず、周囲からそう思われている夫婦がいます。今回はそんな離婚しそうな夫婦の特徴について、既婚の働く女性のみなさんに聞いてみました。

■スタートがラブラブすぎる

・「最初のラブラブ具合がすごい人。どちらかの束縛や干渉がとにかくすごくて、『今はよくても後で苦痛になるだろうなぁ』と感じるから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「典型的だけど、新婚生活がラブラブすぎてお互いに依存してしまっている夫婦。その熱が冷めたらケンカばかりになってやっていけなさそうだなと思う」(25歳/その他/その他)

夢と希望にあふれた結婚生活、これで私も幸せの絶頂に……というのは甘い考えかも。ふいに突き付けられた現実についていけず、不仲になってしまうことも少なくないようです。

■思ったことを言わない

・「自分の思ったことを言い合わない夫婦。相手が何を考えてるかわからないので、何かで怒らせていても気づかず、それがたまって爆発して離婚しそうだから」(31歳/その他/その他)

・「ケンカばかりしたりストレスをぶちまけないで黙っている夫婦」(22歳/運輸・倉庫/その他)

我慢や無理は永遠に続けられるものではありません。爆発したときは収拾がつかなくなってしまうことも。ストレスは小出しに発散して、自分の気持ちを理解してもらうことが大切ですね。

■金銭感覚がちがう

・「金銭感覚が合ってない夫婦。スーパーでも高いチーズなど、家計を気にせず買われるのはストレスになる」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「金銭感覚がちがうこと。アパートに住んでいるのですが、隣の新婚さんがお金のことで夜な夜なケンカしている声が聞こえてきます」(29歳/その他/その他)

育ってきた環境がちがう以上、価値観が微妙にちがうことは想定内ですが、何にお金を使うか、どこにかけるかの基準がまったく違う夫婦は、遠かれ近かれお金のことでもめることになる可能性が高そうです。

■自我が強すぎる

・「自分が一番の夫婦。相手を思いやる気持ちがないと続かないと思うから」(27歳/その他/その他)

・「自我が強くて譲り合えない夫婦はすぐ離婚しそう」(33歳/その他/その他)

結婚は他人同士の共同生活。自我を通そうとすれば衝突は免れません。ある程度の譲り合いも必要であることを認識したほうがよさそうです。

■浮気の危険因子がある

・「浮気性の人は離婚しやすそう」(30歳/その他/その他)

・「旦那が嫁の友だちになれなれしい」(34歳/生保・損保/専門職)

たとえ本当は浮気していなくても、どちらかが「浮気しているかも」と疑った段階で夫婦間がギスギスしてしまいます。

■まとめ

「浮気しそう」と思われるのは、それなりの理由があるから。表面上の幸せはいつか必ず音を立てて崩れてしまいます。一緒にいて人生が豊かになる夫婦関係を目指したいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月27日
調査人数:212人(22歳〜34歳の既婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]