お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

別れは見えていた!? 離婚したカップルの「恋人時代の特徴」6つ

ファナティック

3組に1組の夫婦が離婚するとも言われている、現代――。これから結婚を目指すアラサー男女にとっても、決してひとごとではありません。結婚も大変だと言われていますが、離婚に関わる負担はそれ以上! できることなら、結婚前から将来の離婚を防ぐための行動をとりたいものです。そこで今回は、同じ世代の男性たちに「離婚に至った夫婦の、恋人時代の特徴」について聞いてみました。

■イチャイチャし過ぎ!

・「べったべたしていた。こういうのは少し離れただけでそれが別れのスタートになることに気づいていない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「距離が近すぎる。いわゆるべたべたで仲がよすぎるまま結婚。だから冷めやすい」(33歳/その他/事務系専門職)

情熱的に相手を思うことは、恋人同士の理想の姿です。しかし人間とは、ずっとそのままではいられないもの。冷めたときのギャップが大きいほど、「もうこの人とは無理」なんて気持ちになりやすいのかもしれませんね。

■ケンカが多い

・「ケンカが多いがすぐに仲直りする」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「のろけも多いけどケンカも多い」(26歳/その他/その他)

周囲があきれるほどケンカをして、仲直りして、勢いのままゴールイン! しかし結婚したからといって、二人の本質が変わるわけではありません。ケンカばかりのカップルは、将来を冷静に見つめるのがオススメです。

■交際期間が短い

・「よく知らないけどスピード結婚はあんまりよくないと思う。お互いを知らないのに家族になるなんて歪みも生じる」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「恋人時代が短い人で、あまりお互いのことをわかっていない」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

お互いをよく知らないまま結婚したら、あとからガッカリポイントが明らかに……! なんてこともありますよね。結婚とは奥が深いもの。相手を見極めてから挑むことも大切なのでしょう。

■長いのも危険!?

・「長く付き合いすぎた。10年も付き合ってると、結婚して1年で別れていた」(33歳/情報・IT/技術職)

・「長年付き合って、不満などが水面下で蓄積しており、まわりから見ると順調に見えても実はそうではなかったというパターン」(35歳/情報・IT/販売職・サービス系)

上とは反対の、「長すぎるのも危険!」という意見もチラホラ。新婚でも、やはり相手に対する「飽き」が来てしまうのでしょうか。ほどほどが一番! ということなのかもしれませんね。

■我慢する関係

・「普通に仲がよかった。でも、彼女のほうが我慢してるように見えた」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「とっても仲がいいように見えて、実は一方が一方の好みにばかり合わせているカップル」(37歳/情報・IT/技術職)

外から見れば平穏無事なラブラブカップルでも、実は、どちらか一方にだけ負担がかかっている! なんてことはありませんか? こんなバランスの悪さは、早めに正しておくことで将来の離婚を防げるのではないでしょうか。

■金の切れ目が縁の切れ目

・「定職に就いていなくて、あまり金銭的にうまくいってないのに結婚したカップル。早い段階でつまずいてる」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「友人で離婚した人がいたけど、その人たちの恋人時代はすごく華やかだったし輝いてた。けど、別れたのは旦那の金使いの荒さが原因だったらしい」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚すれば、無視できないのが「お金」に関する話題です。プライベートなことだから……と、お互いに遠慮し過ぎるのも禁物かもしれませんね。一度きちんと話し合うのもオススメですよ。

■まとめ

真剣に結婚したいと思う相手であれば、早い段階から「離婚を防ぐための取り組み」を行うのもいいでしょう。自分たちカップルにとっての危険因子は何なのか。意識するだけでも、変えられることはありそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月3日~2016年10月4日
調査人数:382人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]