お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ご飯くらい、自分で作れぇーーー! 生理のときにされたらイラッとする彼氏の言動6つ!

ファナティック

生理痛がひどい女性にとって、月に1回訪れる生理の時期はゆううつですよね。お腹や腰などが痛くなるし、体も重くなりがち。そんなとき、彼氏の言動でついイラッとしてしまうことはありませんか? 働く女性のみなさんにアンケートを採ってみたら、さまざまなエピソードが集まったのでご紹介します!

■歩き回るデートにしようとする

・「生理痛で苦しんでいるときでも連れ回そうとしてくるところ」(32歳/自動車関連/技術職)
・「生理痛がひどいのに公園やショッピングセンターなどのアクティブなデートに行きたがる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

とても多かったのが「歩き回るデートにしようとする」という声でした。生理のときは痛みがあるしトイレの場所も気になるので、アクティブなデートは避けたいですよね。彼氏にはもう少し気遣ってほしいところです。

■甘えてきて自己中なことを言う

・「甘えられること。生理のときは自分のことで手一杯なので」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「お腹痛くて苦しんでいるときに、『ご飯は?』など、自分勝手な発言をすること」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

「甘えてくることにイラッとする!」という声もありました。生理痛がひどい場合は、自分のことで精いっぱいで余裕がないですよね。そんなときに「ご飯は?」なんて言われたら、確実にイラッとしてしまいます。

■ベタベタしてくる

・「やたら、近寄ってきてペタペタ触る」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「イチャイチャしようよーと言ってくること」(25歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

生理のときはそっとしておいてほしいのに「やたらベタベタしてくる」という声も多数ありました。痛みと戦っているときは必死なのでイチャイチャするような気分じゃない、ということを彼氏にも知っておいてほしいですね。

■生理のつらさを理解してもらえない

・「自分の苦しみをまったく理解してもらえない」(29歳/生保・損保/営業職)
・「『生理は言い訳にできていいよな~』と言われた。つらさもわからないくせにムカつくと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

「生理は言い訳にできていいよな~」など、生理のつらさを理解してもらえない、という声も。生理痛がひどいときは言い訳ではなく本当につらいので、この痛みをそのまま彼氏に移してしまいたいと思う女性は多いのでは?

■ダラダラしてると言われる

・「グダグダし過ぎだのダラダラしてるだの言われたとき」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)
・「何寝てばっかいるのと言われるとイラッとする。生理中は眠たくなるからしょうがないから」(27歳/医療・福祉/専門職)

生理のときは体がだるくなったり、眠くなることがあります。でもそれを「ダラダラしてる」などと言われたら、体調を気遣ってくれない彼氏にイラッとしますよね。生理中は精神面でも不安定なので、優しく接してほしいものです。

■まずは心配してほしい!

・「『どうして会えないの?』という言葉。イラッとくる」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「生理痛でつらいと言ったら『え? どこにも行けないの?』と言われた。まずは心配しろと思った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「どうして会えないの?」など、彼氏が自分のことしか考えていないような言葉もイヤなものです。デートに行けないくらい生理痛がつらい、と言っているのだから、せめて「体調大丈夫?」というひと言がほしいですよね。

■まとめ

「生理のときについイラッとしてしまう彼氏の言動」として、歩き回るデートに行きたがったりベタベタしてきたりなどが挙げられました。どれも女性の体調や精神面についての思いやりに欠けるものばかりです。生理のつらさを全部わかってもらうのは無理でも、せめてその時期は優しく気遣うような言動をしてほしいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数132件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]