お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

目指すべき姿は? 「幸せな夫婦」の“妻”の共通点6つ

ファナティック

あなたの身近に、本当に幸せそうな夫婦はいますか? 穏やかに向き合い、夫婦がともに支え合う姿は非常に魅力的! 「結婚っていいなぁ」とあらためて感じさせられますよね。できることなら、自分もこんな幸せな夫婦になりたい! と願う女性も多いはず。幸せな夫婦の「妻」になるためには、どんな特徴を備えていればいいのでしょうか。こんな女性たちの共通点について、男性目線で答えていただきました。

■いつも笑顔

・「笑顔が絶えない。そのおかげか夫も笑顔が絶えない」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「いつも明るく笑顔で天真らんまんなイメージの奥さんが理想だと思います。イメージ的には佐藤藍子さんのような」(37歳/学校・教育関連/その他)

いつも笑顔でいる女性に対して、ほっこりと癒される男性は多いものです。妻がいつもニコニコしていたら、夫もきっと穏やかでいられるはず。自然と幸せな雰囲気ができ上がるのかもしれませんね。

■夫をたてる

・「どんなときでも夫を立てる妻。夫を立てることができる妻は、夫のことを尊敬していると思う。逆にできない妻は夫のことを自分の生活を成り立たせるひとつの要素としか考えない」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手を立てる。感謝の気持ちを伝えてくれること」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

家庭で夫に気持ちよく過ごしてもらうことで、結果的に妻も幸せな気分になれるのかもしれませんね。こんな行動を継続するためには、「大人としての落ち着き」と「心の余裕」が必要です。夫をたてながらもうまくコントロールしていく手腕が問われます。

■料理上手

・「夫の健康や体調に気を遣った栄養を考え抜かれた料理を作れる」(25歳/その他/営業職)

・「料理が上手で夫が毎日早く帰ってくる」(29歳/情報・IT/技術職)

毎日のおいしい食事は、幸せと健康の元となります。料理上手な妻に対して、「いつも家族に手料理をふるまい、家族団らんしながら温かい時間を過ごしているんだろうなぁ」なんてイメージを抱く男性も多いようです。

■ラブラブ!

・「ラブラブな感じで買い物をしている」(25歳/その他/その他)

・「聞いてもいない、いろいろとのろけ話を聞かされる」(37歳/その他/事務系専門職)

決して周囲にひけらかすわけではなくても、日常の中で夫婦のラブラブさが伝わってくると、なんだかこちらまでホンワカしてしまいそう! 妻が夫との関係を楽しんでいたら、幸せであることは一目瞭然です!

■金銭的余裕

・「自らも育ちがよくお金があり、旦那側も育ちがよく、お金に余裕があるのが一番幸せだと思う」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「基本は専業主婦で、お金に一定の余裕があること」(28歳/電機/技術職)

「結婚」と「お金」は、密接に関わっている問題です。なにか困ったことがあっても、金銭的に余裕があれば、たいてい乗り越えられるはず。自然と、精神的余裕も手にできるのでしょうね。

■自立している

・「自分を優先する人じゃなくて、常に旦那を立てるんだけど自分でもしっかり自立してる人かな。依存してる人は旦那にすぐにダメ出しして終わるからね」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「夫に依存しすぎない妻。お互いの自由がある程度あるから」(29歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

夫のみが外で働き、妻はひたすら家庭を支える……! こんな「内助の功」伝説は、終わりを迎えつつあります。現代では、妻だって堂々と外で輝ける時代! 自立心あふれる妻だからこそ、対等な立場で幸せを実感できるのかもしれませんよ。

■まとめ

これから「結婚」という人生の転機を迎えるみなさん! ぜひ男性意見も参考にして、「幸せな妻」になれるよう努力してみてください。自分の工夫ひとつで、家庭全体の雰囲気も変わるはずです。まずは「笑顔」から意識するのがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月3日~2016年10月4日
調査人数:382人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]