お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「あつあつディープ」or「ふんわりチュ」男性が好きなキスはどっち?

ファナティック

恋人たちの愛情表現でもあるキスですが、相手とのキスの好みがちがうと、思いのほか不快な思いをすることもありますよね。今回は働く男性を対象に、好きなキスについてアンケートを採ってみました。

Q.あなたが好きなキスはどっちですか?

触れるだけのソフトなキス……46.5%
濃厚でディープなキス……53.5%

僅差ではありますが、ディープなキスが好きな男性のほうが多い結果となりました。なぜそのキスが好きなのか、その理由を見てみましょう。

【「触れるだけのソフトなキス」派の意見】

■日常的にできるから

・「こちらのほうが不意のスキンシップとしてドキッとするから」(39歳/その他/技術職)
・「あいさつがてら自分の好きなタイミングでできるから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

特別なことがなくてもあいさつ代わりにキスできる関係は憧れますよね。軽いキスならシーンを選ばずにスキンシップを楽しめそうです。

■濃厚なキスは清潔感がないから

・「あまり濃厚なのも気持ち悪くていやですね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「濃厚なものは汚らしく感じてしまうから」(36歳/情報・IT/技術職)

それほど気持ちが盛り上がっていないときに濃厚なキスをされると、不潔に感じてしまうこともあるようです。あまりベタベタしたくない人にとっては気分のいいものではありませんね。

■ディープキスの問題点

・「あまり濃いキスは舌がのどに入るなどして不愉快です」(26歳/運輸・倉庫/技術職)
・「ディープキスは、歯が当たったりするから嫌い」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

実はテクニックが必要なディープキス。タイミングや度合いを間違えると、相手に不快な思いをさせてしまうことも。息苦しさや痛みを感じるキスを好む人はまずいないでしょう。

【「濃厚でディープなキス」派の意見】

■テンションが上がるから

・「愛し合っている感じがするし、気持ちが盛り上がるから」(33歳/運輸・倉庫/その他)
・「そのほうが感情が入るから楽しい」(33歳/食品・飲料/技術職)

ディープキスをしていると、より相手を求める気持ちが強くなりますよね。だんだんと盛り上がっていく感じは、軽いキスにはない興奮ですね。

■キスを長く楽しみたいから

・「好きな人とするキスなら少しでも長いキスがしたいから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「せっかくのキスなんだから目いっぱいしたいから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

軽いキスよりは必然的に時間が長くなるディープキス。キスが好きな男性にとってはあっという間に終わってしまうキスでは少し寂しいようです。

■その後の展開が期待できるから

・「濃厚なキスのほうが、相手も声を出してくれてお互い興奮した気持ちになりやすいので」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「そちらのほうがエロい感じがする」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

キスの後の展開を期待している人は、軽いキスでは物足りないようです。ディープキスのほうが相手も自分もセクシーな気分になれることは間違いないでしょう。

■まとめ

実際にはどちらのキスでなければいけないというよりも、ケース・バイ・ケースで使い分けている人も多いでしょう。いずれにしても義務的なキスではなく、お互いに対する愛情が感じられるキスが理想ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数101件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]