お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

コイツも年をとるんだな……。夫が感じた妻の「老化」6つ

ファナティック

多くの女性にとって、できることなら避けたい老化。特に旦那さんに老化を指摘されると悲しい気分になりますよね。では夫は妻のどのようなところを見て老化を感じてしまうのでしょうか。既婚男性のみなさんに「妻の老化を感じた瞬間」について聞いてみました。

■1.シワが気になるように

・「シワかな。あー、こいつも年をとるんだなー。なんて」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「顔にシワができていたり、肌にシミができていたりする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

加齢とともに増えていくシワやシミ。努力で老化を遅らせることはできても、完全に防ぐことはできません。そんな妻の変化を、男性はしっかり見ているよう。

■2.重力には逆らえない

・「身体のたるみ。昔に比べてハリがなくなった」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「胸が垂れて、体形の維持が難しそう」(34歳/建設・土木/技術職)

体重が変わらなくても体形は年々変化していくもの。特に胸やお尻の下垂は男性にとってもわかりやすい変化のようです。スタイル維持のための努力は欠かせませんね。

■3.動きが……

・「『よいしょ』などというかけ声を聞いたとき」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「歩くのが遅い、すぐ疲れたと言う。情けないと思った」(30歳/自動車関連/その他)

だんだん鈍くなってくる反射神経と衰えていく体力。何かをやろうと思ったら掛け声をかけなければ気合いが入りません。もはや若いころの機敏な動きは難しい……?

■4.努力しなくても早寝早起き

・「就寝時間の早さ」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「夜に弱くなった」(29歳/医療・福祉/その他)

年をとればとるほど、早寝早起きができるようになると言いますが、若いころに比べて夜更かしができなくなった人も多いのでは? 努力せずとも健康的な生活が送れそうですね。

■5.キラリと光る毛髪

・「白髪が増えた点」(29歳/その他/その他)

・「白髪が増えたこと。苦労しているんだなと感じた」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

若いころは何の疑問も持たずにカラーリングをしていたけれど、白髪が生えてくると白髪染めへとチェンジしなくてはなりません。妻の白髪を発見したときの旦那さんの心境として「妻も年をとったんだな……」と複雑な気持ちになりそう。

■6.恥じらいが見られなくなった

・「肌荒れが見られたり、ムダ毛の処理を手抜きになっているときは残念に思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「いきなり歯ぎしりをしだしガーガーいびきをかき出した行為」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

男性の目を意識している女性は、美しくあろうと努力するもの。ですが結婚して何年も経てばいろいろなことが面倒になり、恥じらいのない行為にでる女性も少なくないようです。

■まとめ

男性は、見た目の変化はもちろん、普段の振る舞いなどからも妻の「老化」を感じるようです。できることなら、旦那さんにはずっと「若々しい」と思ってもらいたいもの。せめて毎日のケアを怠らないようにして、少しでも老化を防いでいきたいものです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月27日
調査人数:180人(22歳〜39歳の既婚の社会人男性)

お役立ち情報[PR]