お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

一緒にいてよかった……! 生理中の彼の「神対応」6選

ファナティック

生理中にイライラしているときは、誰にも会いたくない気分になるもの。でも、生理のとき彼と一緒にいるとき、「一緒にいてよかった」と思うこともあるようです。そこで今回は、「生理中の彼の神対応」について、女性のみなさんに教えてもらいました。

(1)お腹をなでてくれた

・「お腹をなでて温めてくれる。人肌だと痛みが和らぐ気がします」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お腹が痛いときに、なでてくれたこと。やさしいなと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

生理中はお腹は冷やしたくないですよね。お腹をなでてくれると、暖まるので生理痛も和らぎそう。こういったスキンシップはかなりうれしい!

(2)デートを変更してくれた

・「デートを変更して、家でのDVD鑑賞にしてくれたこと」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「お出かけの予定を変えて、お家でゆっくりDVDを観るのに変更してくれたこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

生理中はあまり出かけたくないものですよね。体調に合わせてデートの予定を変更してくれるのは彼のやさしさを感じます!

(3)薬を買ってきてくれた

・「気持ち悪いときに気遣ってくれて生理痛の薬を買ってきてくれたこと」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「気持ち悪い〜と言っていたら生理用の薬を買ってきてくれたこと」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

生理中の体調の悪さや精神的なつらさは、男性にはわかりにくいですよね。効果があるかどうかは別にしても、薬を買ってきてくれるその気遣いがうれしいですよね。

(4)家事をしてくれた

・「生理痛で気持ち悪く思ってたとき、彼が家事を代わりにしてくれたこと」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「大丈夫? と心配してくれて、代わりに家事をしてくれたこと」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

生理痛がひどいと、動くのもままならないですよね。家事などもなかなかできないのではないでしょうか。進んで家事をしてくれるような男性なら、ずっと一緒にいたいと思えますよね。

(5)体調を気遣ってくれた

・「生理中でぐったりしているときに、無理しなくていいよと体調を気遣ってくれたこと」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「体調を気遣ってくれるとき。休憩をこまめにしてくれたりすること」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

特に何かをしてくれなくても、ちょっとした言葉をかけてくれるだけでも、ずいぶん楽になることもありますよね。つらいのをわかってもらえるだけでもうれしいものです。

(6)温かい飲み物をくれた

・「温かい飲み物を差し入れしてくれたこと。寒かったので単純にありがたかった」(33歳/不動産/専門職)

・「温かいお茶を出してくれたこと」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

身体を温めるという点では、温かい飲み物もうれしいのではないでしょうか。特に冬場の時期は、体を冷やすと生理痛もよりつらくなってしまうもの。こういうさりげない気遣いに「この人が彼氏でよかった!」と思うもの。

<まとめ>

男性にとって、生理のつらさは実際にはよくわからないものではないでしょうか。とはいえ、わからないなりにも、精一杯気を遣ってくれるのはうれしいものですよね。体調も気分もすぐれないですから、余計にうれしく感じられるかもしれません。こんな行動をしてくれる彼なら「ずっと一緒にいたい!」と思ってしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月30日
調査人数:114人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]