お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

危なすぎっ!! 電車の中で目撃した「女性のメイク姿」5選

ファナティック

一般的に電車の中でのメイクはマナー違反とされています。でも、「うわっ! 寝坊した! メイクをしている時間がない!」という経験を持つ女性は少なくないもの。目的地に着くまでにメイクを完了するためには、移動時間の電車の中でメイクを終わらせようとすることもありますよね。そんな電車の中で「メイクをしている女性」の目撃談を教えてもらいました。

■1.降りるときには別人に

・「すっぴんからフルメイクをした人を見たときは衝撃でした。ファンデーションをぐりぐりと塗りたくって、鏡をのぞきこみながらポイントメイクをしていた」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「すっぴんで乗ってきた清楚な学生風の女の子が席につくと同時にメイクをはじめ、降りるときにはすっかり夜のお姉さんの雰囲気になっていた」(31歳/その他/その他)

乗り込んできたときは素顔だったのに、電車を降りるときには見事な変身ぶりを見せつけられたというエピソードです。

■2.狭小スペースでも問題ナシ!?

・「満員電車の中、角に立ちながらメイクをしてる女性がいて驚いた」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「膝の上にメイク道具を広げて、それを落とすことなくメイクしていたのは器用だなって思った」(32歳/自動車関連/技術職)

こんな狭いところでよく器用にメイクできるなぁと感心してしまった人も。ここまでできるのは日ごろから電車内でのメイクを実践している証拠。もはや日常になってしまっているのかもしれません。

■3.急ブレーキに注意

・「つけまつげをつけている人がいて不安定な中でよくできるなと思うし、つけてる最中の顔を見られたら男の人はドン引きすると思う」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「満員電車の中、マスカラまで塗っている女性。倒れてこないでと思った」(32歳/金融・証券/専門職)

電車は時に急ブレーキをかけることもあります。アイメイクをしている女性を見ると、危険な印象を受ける人も多いようです。

■4.アイメイクで……

・「鏡を見ながら目を見開いて化粧をしていた女性。自分は絶対しないでおこうと思った」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「思いっきり目を見開いてアイラインをしていて引いた」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

アイメイクをしているときの自分の目は、人に見せられるような状態ではありませんよね。白目で、鏡を凝視している姿は、周囲からすると「見てはいけないものを見てしまった」という感覚でしょう。

■5.あわや大惨事

・「電車の車内で、眉のムダ毛を剃っている人がいて、カミソリを使うなんて、恐ろしかった」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ライターでビューラーを炙っていたこと。危ない」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

さすがにカミソリや火を持ち出すのは危険すぎます。何か起きれば自らが怪我をする可能性はもちろんのこと、周囲にも迷惑をかけてしまうでしょう。

■まとめ

電車はあくまでも公共交通機関。移動中のメイクは決してほめられたことではありません。本人は時間を有効に活用しているつもりでも、周囲から冷ややかな目で見られていることも。上記のように、メイクをしている女性の姿はしっかりと見られていることを肝に銘じて、メイクは自宅など、人に見られることのない場所で行うようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月30日
調査人数:149人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]