お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

他人のSNSを見て、イライラしないためにすべき5つのこと

ファナティック

今や多くの人が利用しているSNS。一部では自己顕示欲解消ツールとも言われるほど、他人が見ればイライラしてしまうような投稿を繰り返す人も少なからずいますよね。イライラするなら見なければいいとわかっていても、つい見てしまう他人の投稿……。そこで今回は、「他人のSNSにイライラしない方法」を、アラサー女性のみなさんから教えてもらいました。

■1.適当に読む

・「あまり一生懸命に見たり読んだりせず、さらりと流す程度にとどめておくこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「あんまり自分の事としてとらえない。ふーんってくらいで見る」(28歳/金融・証券/営業職)

SNSに投稿されている友人の近況は、知らなくても自分の人生には何ら影響がないことがほとんどでしょう。そう考えれば、毎朝の新聞と同じような感覚で読み過ごすことができます。「じっくり読まない」というのがコツかもしれませんね。

■2.リア充勝負に挑む

・「自分もリア充するように私生活を楽しむ」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「自分のプライベートや恋愛体験を充実させて、自分もたくさん投稿する」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

負けじと自分もリア充であることをアピールするという人も。他人のSNSが自分自身のモチベーションにつながる場合もあります。とはいえ、くれぐれもイライラされる側にならないよう気をつけましょう。

■3.自慢は哀れだと言い聞かせる

・「自慢ばかりしてる人は幸せじゃない人がほとんど。自慢をすることで自分は幸せなんだと言い聞かせてる人が多いのは事実だと思うようにしてる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「承認欲求が強い別次元の人なんだと言い聞かせる。あまりにも幸せ自慢が多いから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

この人は自慢することが趣味なんだと思えば、イライラも哀れみの気持ちに変わってくるでしょう。本当に幸せな人は、その幸せを他人に自慢することはしないはず。そう一歩引いた目線で見れば、冷静な気持ちでチェックできるかもしれませんね。

■4.自分と比べない

・「自分は自分と割り切る。人を羨ましがることがなくなるから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「人は人、私は私、と思ってみる。誰かと比べたりすると嫉妬心とか芽生えそうだから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

他人のSNSに嫉妬してイライラするのは、自分と比べているからかも。世の中、自分よりも裕福で贅沢な生活を送っている人はたくさんいます。そんな状況と比べてしまっては、憂うつになるのは当然ですよね。「私には私の幸せがある」と割り切るのもよさそうです。

■5.あえて見ない

・「見なかったらいいと思う。現実は充実してないんだろうなって思う」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「SNSを見ない。四六時中SNSを見ていたが、1週間に1回に減らしたらイライラすることも少なくなった気がする」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

そもそもなぜイライラするのか、それはSNSを見るからにほかなりません。見ればイライラすることがわかっているなら見ないことが最善の方法だと言えるでしょう。つい見たくなってしまう気持ちを毎日断ち切っていれば、それなしでも生活ができるようになるはずです。

<まとめ>

SNSはうまく活用すれば、人とのつながりを楽しむことができますが、近況報告のはずが自慢ばかりの投稿になっている人もいます。人とのつながりが生む思わぬストレスに悩まされているなら、SNSの使い方を今一度考えてみたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月10日~2016年9月14日
調査人数:111人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]