お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「私のこと好き?」と聞くのはアリ!? 男性の思いを確かめる方法

織田隼人(心理コーディネーター)

男性が自分を好きかどうかわかる! 脈ありサインとは

続いては、男性が自分のことを好きかどうかわかる、脈ありサインについて考えてみましょう。これがわかれば、わざわざ「私のこと好き?」とストレートに聞かなくても済むかもしれません。

女性が考える脈ありサイン


まずは、一般女性に自身が判断基準にしている、脈ありサインについてアンケートで聞いてみました。それぞれ、本当に脈ありサインとして成立するのか、織田さんの見解を聞いてみました。

近寄っても避けない

・「パーソナルスペース内に入っても後ろに下がったり後ずさりしない、気がつくと目が合う事が多い」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「仲間内で遊んでいるときに、よく近くにいる。食事のときに隣に座ることが多かったり、何かしら近くにいることが多い。それがあまりうれしくないときがあって、変に避けるようにしていたら、それでもうまく隙をついて近くにこようとするので、脈ありだと思った」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「距離が近づいても嫌そうでなければいける気がする。友人だったら距離感はある程度感じるから」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性のパーソナルスペースに入り込んでも男性が避けない場合には男性に恋心があることが多いです。パーソナルスペースに入り込んでいるかどうかについては、ほかの人とその男性が話しているときの距離に注目するとなんとなくわかります。
ほかの人よりも自分が近づいて話していても男性はにこやかに対応している場合には脈ありと考えてよいでしょう。距離を離さない、ということは近くにいても抵抗がなく、むしろ近くにいることで喜んでいることがわかるからです。

やたら連絡をたくさんくれる

・「仕事が忙しくても連絡だけはかかさないとき。好きな相手とは連絡をとりたがるものだと周囲がいうので」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「やたらLINEが続く。連絡をたくさんとるのは好意がある証拠だと思うから」(29歳/電機/専門職)

・「深夜の電話に付き合ってくれるとき。好意がないと、眠かったりやりたいことの方が優先順位が高いと思うから」(29歳/農林・水産/技術職)

人とコミュニケーションをとるというのは意外に時間がかかって面倒なものです。特に男性は女性よりもコミュニケーションを面倒がる傾向があります。
その男性がマメにコミュニケーションをとっているのですから普通に比べて脈ありの状態と言えます。コミュニケーションが密になってきているというのはさらに関係を強くしたい気持ちの表れですので、デートプランを立てるなど関係を進めるのもいいでしょう。

深いプライベートの相談をしてくる

・「自分にだけしかしない話や、深めの相談があるとあれ? と思う」(32歳/その他/その他)

・「将来の計画を色々話してくれたり、結婚後はどういう家庭にしたいか等聞く場合。結婚を意識してるのかなと思う」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

深い話やプライベートな相談をしてくる、というということは「心を許している」という状態になっていると考えられます。心を許しているから好きになってくれている、とは言えませんが友だち関係よりは進んでいるといえます。
話の内容にもよりますが、恋愛についての思いなどなら脈ありの可能性が高いですし、自分の深い悩みとかトラウマの話であれば誰かを頼りたいという気持ちの表れでしょう。
脈ありかどうかでいうと、他の要素で脈ありならかなり好かれているけれど、他の脈あり要素がなければただ頼られているだけ、という状態になりそうです。

自分にだけ特別な対応をする

・「複数人いても自分にまず一番に話しかけてくれること」(25歳/その他/販売職・サービス系)

・「大勢いる場所でも近くにいるとき。よく話しかけてくれるとき。男性って正直だから意中の相手以外には雑に扱う人が多いから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性がある特定の女性を特別対応するのは脈ありの可能性が高いです。特別対応するのはそれだけ目立ってしまいますが、目立っても後悔しない、むしろ多少目立ってもよいと思っているからこそできる行動です。
また、特別に対応することでその女性に好かれたい、気に入られたい、という気持ちも見えますのでかなりいい状態と言えるでしょう。

ほかにもある! 男性の脈ありサイン


一般女性からも複数挙がった「男性の脈ありサイン」。まだほかにもあるようですよ! 織田さんに教えてもらいました。

顔を見つめてくる

目や顔全体、口なども含めて見つめてきている場合は脈ありのサインのひとつとなります。
好きな人のことを見るとそれだけで人は幸せになります。アイドルとかのポスターを自分の部屋に貼るのと同じです。好きな人はずっと見ていたいものなので、脈のある男性は顔を見つめてきます。

昔ちょっとしゃべったことを細かく覚えている

昔ちょっとだけしゃべったこととか、好きな食べ物とかを細かく覚えていてくれる場合は脈ありの可能性があります。興味の無い人に対しての場合は細かいことを覚えないからです。
どこに住んでいたとか食べ物の細かい好き嫌いとか、どういうところに遊びに行ってたとか細かいところを覚えていてくれる場合には、かなり集中して自分のことを理解しようとしてくれていると言えるでしょう。

彼氏がいるかどうかを聞いてくる

彼氏がいるかいないか、というのは本気になる前に確認したいことのひとつです。
ほかの脈ありサインもありつつ、彼氏がいるか聞かれている場合にはかなり本気の可能性が高いでしょう。
出会ってすぐに聞かれた場合は「会話のネタ」として聞かれている場合もありますが、ある程度時間が経ってから彼氏の有無を聞かれた場合には聞きたいから聞いた、となるので脈ありの可能性が高いと言えます。

早口になりがち

ほかの人の前では普通に会話ができているのに、自分の前では早口になっている場合、焦っている状態であることがわかります。
早口になるというのは頭をフル回転して何をしゃべればいいのか考えている状態です。頭をフル回転するほどがんばって接したい相手、ということがわかるので早口になっている場合にはかなり気合いを入れてしゃべってくれていることが読み取れます。そこからある程度脈があると推測できるのです。

次ページ:男性の思いを確かめる最適な方法とは

SHARE