お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

イタイわ~! モテると勘違いしている女の特徴・5つ

ファナティック

恋愛において、勘違いほどイタイことはありません。自分では恋をして人生を謳歌しているつもりでも、傍から見たらイタイ人だったという事態は避けたいですよね。今回は働く男性に、モテると勘違いしている女性の特徴を挙げてもらいました。

<モテると勘違いしている女の特徴>

■自撮り公開率が高い

・「自撮りをSNSにあげまくってる。それがどんな状況でもきちんとカメラを見てる」(26歳/自動車関連/営業職)

・「自撮りが多い女。かわいいと思ってるからそんな行動をするんだろう」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

どこに行っていたのか、何をしていたのかさえわからないほど、画面いっぱいに自分の顔を公開する女性がいますが、ただの自意識過剰と思われてしまうのがオチかもしれません。

■モテのハードルが低い

・「ちょっと仕事関係でお礼も兼ねてお茶に2人で行ったことがあった。それだけでモテる=うまくいったと思い込んだようだね。こちらにはかけら程もそんな気ないのに」(33歳/その他/事務系専門職)

・「軽くてお持ち帰りできそうなので声をかけられるのに、そのことがモテてると勘違いしてる女」(36歳/その他/事務系専門職)

彼女たちは「モテる」基準がとても低いところにあるようです。声をかけられた、飲みに誘われたなど、日常的に至極当然にありうることでも、自分がモテる証拠だと思ってしまうのでしょう。

■武勇伝を語るのが好き

・「武勇伝かのように体験談をベラベラしゃべる女」(24歳/その他/その他)

・「過去の恋愛経験の人数(豊富さ)を語る女性。経験が多いということはそれだけ失敗しているということ。あまりに合わない人が多いようなら、自分自身の性格を疑ったほうがいいと思う」(31歳/情報・IT/技術職)

経験人数やどれだけ過激な付き合い方をしてきたかを、とくとくと説明する女性も、男性から見れば勘違い女にほかならないようです。武勇伝を話して自分の価値を下げないよう気をつけたいですね。

■なぜか気取っている

・「室内に入ってもサングラス、帽子を取らない」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事できます風のイケイケの人。仕事がデキるとモテるはちがう」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

○○気取りが多いのも彼女たちの特徴のようです。セレブ気取り、できる女気取りでTPOを考えない言動は、逆に周囲からのひんしゅくをかってしまうことにもなりかねません。

■時に宇宙人のようなことを言う

・「誰からも相手にされていないだけなのに、日本にはロクな男がいないと言う」(26歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「どう見ても勘違いなのを、自分を見ていたとかなんとか言ってかまってほしい空気を出す女」(37歳/情報・IT/技術職)

自分に釣り合う男はいないとか、誰も見ていないのに「今見てたでしょ」と迫ってくるとか、彼女たちの発言は時に人をギョッとさせます。過剰な自信は男性を呆れさせてしまうでしょう。

<まとめ>

時には自分の中にある自己顕示欲に素直になって、自分自身をほめたくなることもありますが、度が過ぎると勘違い女に認定されてしまうかもしれません。イタイ女になる前に、自制心を働かせることも大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月14日~2016年9月15日
調査人数:399人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]