お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「ナンパからはじまる恋」アリ派●●%

ファナティック

ナンパ世の中には出会いがなくて、合コンや婚活などに励んでいる人もいるものですが、自分から誰にでも声をかけられる人だと、ナンパで恋人をつくることもできそうですよね。ナンパからはじまる出会いについて、男性のみなさんにアンケート調査してみました。

Q.ナンパからはじまる出会いもアリだと思いますか?

・アリだと思う……66.3%
・ナシだと思う……33.7%

出会い方がナンパだとしても、全然アリだと思うという人は6割以上。どんな出会いだとしても、付き合うかどうかは、本人たち次第ですものね。

<アリだと思う>

■きっかけは何でもよい

・「きっかけがどうであれ好きであれば問題はないと思う」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「そういうきっかけで結婚して、幸せに暮らしている先輩も何組かいるので、悪いことではないと思う。結局は本人次第だと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

ナンパがきっかけだとしても、結果的に相手のことを好きになるのなら、それほど気にする必要もなさそうですよね。実際にナンパでスタートしたカップルも多いものではないでしょうか。

■大事なのはそのあと

・「出会い方よりその後が大事だから」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「出会い方は関係ない。大事なのはそれ以降」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

出会い方そのものよりも、出会った後の付き合いを重視する男性も多いようです。ナンパで出会ったからといって、真剣に付き合えないわけではありませんものね。

■それも出会いの一つ

・「それはそれで一つの出会いだから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「そもそも出会いの”機会”はどこにでもある。もちろんナンパもその一つだから」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

出会いのチャンスはどこで待ち受けているか分かりません。自分が勇気を出して、ナンパをすることで、出会いにつながることもありますものね。

<ナシだと思う>

■チャラそう

・「チャらいしネタにされそうだから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お互いにチャラチャラしているから」(35歳/金融・証券/事務系専門職)

もし付き合って結婚まで話が進んだ場合、出会ったときのエピソードに困りますよね。必ず周りでネタにしてくる人も出てきそうです。

■軽そう

・「軽薄な印象がぬぐえないから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「声をかけるほうもついていくほうも軽い感じがするから」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

ナンパというと、どうしても軽いイメージに思われてしまいそうですよね。男女とも同じように思われる可能性は高そうです。

■ナンパされる女性がイヤ

・「ナンパについてくる女はイヤだ」(28歳/小売店/営業職)

・「ナンパなんかでついてくる女は、またナンパされるとついていくから」(28歳/その他/技術職)

そもそもナンパされて、そのままついていく女性に嫌悪感を抱いている男性もいるようです。ナンパそのものに慣れていると思われるのかもしれませんね。

■まとめ

ナンパも出会いの一つと思えば、恋愛に関しても積極的に行動できるかもしれませんね。とはいえ、実際には声をかけられない男性も多いのではないでしょうか。ナンパして断られてしまうと、やはり落ち込んでしまいそうですものね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]