お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第25話 婚活バー

初めて観たラグビーは迫力満点だった。
あんなにぶつかり合って大丈夫なの?
ショートパンツより長ズボンのほうが
擦り傷できないんじゃ……

と、余計な心配しながら見ていたけど、
フォワードの人たちのぶつかり合いは力が入るし、
バックスの人がタックルを交わしながら
フィールドを駆け抜けた時は爽快だった。

「面白かったね!」
婚活のことを忘れて楽しむと、真由が言った。
「ね! でも、メインはこの後。
近くの婚活バーへ、行くよ!」
「だよね! 元ラガーマンとかも来るかな?」
婚活をやめた紗良は
「わたしは裕也と約束あるから」と帰っていった。
プロポーズを受けたから、お互いの両親へのご挨拶とか、
新居をどうするかとか、色々忙しいみたい。
いいな。幸せそうで。

真由と2人で入ったバーは、
一見すると普通のスタンディングバー。
婚活目的でナンパする人が多いから、
最近、婚活バーと呼ばれるようになったみたいだ。

「あの人たちなんてどう?」
真由が目を付けたのは、意外にも4人組の男性。
「人数合わないけどいいの?」
「いいの、いいの。2人組よりも色んな人と話せる
でしょ?」
なるほど! 結果的に成功率は上がる……?
真由、天才!
彼女と一緒なら、運命の相手が見つかるかも!

お役立ち情報[PR]