お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

やめときゃいいのに……! 次の日、絶対下痢になるNG行動・6つ

ファナティック

お腹の弱い人だと、食べたものの内容によっては、すぐにお腹を壊してしまうこともあるもの。翌日トイレにこもってしまわないよう、なるべく気をつけたいですよね。そこで今回は、女性のみなさんに「次の日、絶対下痢になるNG行動」を聞いてみました。大事な予定の前には要注意の行動ですよ!

■1.アイスの食べすぎ

・「アイスクリームを食べる。お腹が弱いので、食べると必ずお腹が痛くなる」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「大量のアイスを食べる。お腹を壊すので」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「アイスの食べすぎ」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

お腹が弱い人ほど、冷たいものを食べると、ダイレクトにお腹に響いてしまうのではないでしょうか。暑いからといって、アイスを摂りすぎてしまうと、お腹も下りますよね。食べる量はほどほどにしてくださいね!

■2.辛いものを食べる

・「辛いものを食べたあとはなぜかする」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「担担麺などを辛い物を食べること」(24歳/その他/事務系専門職)

・「激辛料理を大量に食べる。唐辛子でお腹を壊すから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

辛いものを食べると、お腹にすぐ影響してしまう人もいますよね。中にはトイレから離れられなくなるほど、お腹を下すこともあるようなので、辛さを選ぶときには気をつけたいですね。

■3.牛乳を飲む

・「牛乳を大量に飲む。振り返るとそういうことが多い」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「牛乳を飲みすぎる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「冷たい牛乳を大量に飲む」(32歳/商社・卸/その他)

お腹を壊す飲み物の代表といえば、牛乳ではないでしょうか。飲みすぎてしまうと、下痢の症状を起こしてしまう人も多いのでは。こちらも自分の体と相談して、まずそうなときは量をセーブすることが必要かもしれません。

■4.食べ過ぎる

・「食べ過ぎること。苦しいくらい食べると必ず下痢する」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「食べ過ぎる。消化不良になるから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

特定の食べ物のせいではなく、いつもより食べ過ぎてしまうと、次の日にお腹にダメージを受ける人もいるようですね。自分のお腹の腹八分を超えてしまうと、胃腸が消化しきれないのでしょうね。

■5.お酒の飲みすぎ

・「お酒を飲みすぎること。体がアルコール消化に追いつかないらしく、下痢になりやすい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「お酒を飲みすぎること。絶対に下痢になるから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「ビールをガブガブ飲む。お腹に刺激が強すぎるから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

夏の暑い日は、冷たいビールがいつもよりおいしく感じられるもの。つい飲みすぎてしまうと、次の日はお腹がゴロゴロしそうですよね。

■6.下剤を飲む

・「下剤を3錠飲むと次の日下痢になる」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

便秘症の人にとっては、下剤は手放せないものかもしれませんね。少し錠数を増やしただけで、次の日にとんでもないことになってしまうことも。下剤は次の日の予定がないタイミングで服用するといいかもしれません。

<まとめ>

冷たいものや刺激物をたくさん摂取すると、胃腸が消化しきれなくて、下痢になってしまうこともありますよね。体調管理をしっかりするためには、過剰な摂取は控えたいもの。どちらにしても、つらい思いをするのは自分自身になるので注意してくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日〜2016年9月6日
調査人数:102人(22〜34歳の女性)

お役立ち情報[PR]