お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

わかるわかるー、ぽいよねー! 女子が「バツイチ」と聞いて納得してしまう男性の特徴6つ!

ファナティック

離婚の経験で人を差別したりするのはよくありませんが、離婚経験があるという人の中にはその話を聞いただけでなんとなく納得してしまうようなタイプの人もいるのは事実ですよね。「離婚している」と聞いて、つい納得してしまう男性の特徴について女性に聞いてみました。

■自分勝手な男性

・「わがままで協調性がない男性。一緒に生活しても自分の主張を曲げなくてうまく行かなくなったんだろうなと思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「自分勝手でわがまま。相手を思いやる気持ちが全くない。そういう男性が身近にいる。みんなが『やっぱりね』と納得してしまう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚すれば夫婦ふたりで共同生活をしていくわけですから、わがままで相手を思いやれないままでは到底無理なことですよね。お互いに譲り合うのが大切ですから、自分勝手な人の離婚経験には納得です。

■家庭を顧みない男性

・「浮気性、女の子大好き、仕事大好き、家庭を顧みない、常にコスト換算している。家庭に落ち着くという考えがなさそうな人」(27歳/生保・損保/事務系専門職)
・「仕事ばかりで家庭を顧みないタイプかな。実際にそういう理由で離婚してるケースは多い」(26歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

仕事ももちろんがんばってほしいですが、そればかりになって家庭を顧みられない男性は困りますよね。せっかく結婚しても家政婦のような扱いをされてしまうかも、と思ってしまいます。

■お酒を飲みすぎる男性には注意!

・「ギャンブルやお酒が趣味。お金遣いが荒い。結婚は生活だから自分の好き勝手にお金を使っては困る」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「飲み会が大好き。飲んで家に帰らないのは、家族生活が破たんしてもおかしくないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

お酒もほどほどなら気分転換・ストレス発散に良いですが、過ぎると奥さんや家庭に迷惑をかけてしまいますよね。お酒を飲みすぎる男性を見ていると、離婚前の奥さんの苦労がしのばれます。

■こだわりが強すぎて妥協できない

・「自分ルールが強すぎて相手に合わせようという気がない」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「こだわりが強すぎる。その部分において、奥さんと合わせることができず、自我を通して愛想つかされてしまったのかなと思うので」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

自分にしかわからないようなこだわりや自分ルールを大事にしている男性は多いですよね。それ自体は悪いことではないですが、夫婦間でも合わせられないほどこだわりが強いと共同生活は難しいのかなと感じます。

■精神的にも大人になってほしい

・「年齢の割に考え方が極端に幼い。ある程度年齢と共に精神的にも大人になると思うから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)
・「30代になっても『悪』がかっこいいと思っていそうな言動をしている人。バツ2になった知り合いが『友だちにDJがいてぇ~』話していて、これは仕方ないなと思った。一家の主は無理」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

どこかに子供らしい部分も残っている男性は付き合っているときは魅力的に見えますが、結婚生活を順調に続けていけるかといえばまた別の話のよう。

■女性をどこか下に見ている

・「女性に対して自然に横柄な態度を取る男性。ナチュラルに女性を見下す男は嫌われる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「モラハラ夫。モラハラを受けると精神的に病んでしまうし、一緒にいてしんどいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

夫婦生活はお互いが平等でないと成り立たないものです。無意識のうちに女性を見下し、上から目線の態度を崩さない男性との結婚はいずれ破たんしてしまいますよね。

■まとめ

夫婦で暮らす上で大切なことのひとつに、お互いに譲り合う部分・こだわる部分のバランスを取るというものがあります。この部分がうまくできなさそうな男性は離婚経験があるのも納得だ、と思われてしまっているようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]