お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

バレバレ! 「不倫カップル」がやりがちな6つのこと

ファナティック

既婚者との恋は、禁断の恋。人目を忍び、さらにいつまで続くかわからない……なんて不安定さもありますが、そうした点も、二人をより情熱的にするのかもしれませんね。そんな不倫カップルを冷静に観察していると、アレコレと気付く点もあるのでは? 働く女性のみなさんに、「不倫カップルがやりがちなこと」を教えてもらいました。

■人目を忍んでのデート

・「夜遅くに出かけて人目のつかないところでデートする。バレたら困るから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ラブホテルへ行く。人が多いところをウロウロできないし、行けるところも限られてるので密室に行くしかないと思う。また、不倫している男は性欲が満たされればいいと思っていそうなので」(27歳/医療・福祉/専門職)

街中で堂々と手をつなぐわけにもいきませんから、不倫デートは自然とこんなパターンに固定されそう! 徐々に物足りなくなり、刺激を求めて誰かにバレる! なんてパターンも多いのではないでしょうか。

■温泉デート

・「あいびきで温泉に行く」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「熱海、箱根に旅行に行く。一泊で行けるから行きやすい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

一泊で気軽に行ける観光地は、人目を気にせず堂々とできる、数少ない機会なのでしょう。また温泉旅館であれば、「露天風呂付の個室」や「離れのお部屋」なども用意されています。不倫旅行にはピッタリです!?

■連絡ツールの工夫

・「ほかの人にバレないように、LINEとかメールの履歴をちょくちょく消す」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お互いの家族にバレないように、連絡先は同性の名前にして登録している」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

連絡ツールについての意見も目立ちました。周囲にバレないための工夫なのでしょうが、その動きは実に不自然なもの。何気ない瞬間に「ん!?」と思ってしまいそうですね。

■出張

・「出張だと言ってお泊まりする」(30歳/電機/技術職)

・「出張先についていってプチ旅行を楽しむ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

既婚男性が不倫旅行に出かけるための嘘と言えば、昔から「出張」なのかもしれませんね。とはいえ、女性のカンは鋭いもの。何度も繰り返していれば、いずれ誰かに察知されてしまうでしょう。

■嘘

・「お互いの家族や友人に嘘をつきまくること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「嘘を嘘で固める。本当のことを言えないため、泥沼にはまっていく」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

本当のことを言うわけにはいかない以上、嘘をつくしかないわけですが……。嘘の先に、幸せはないはず。嘘がなければ続かない恋と考えると、とても悲しいものです。

■実は……バレバレ!?

・「当人たちは周りにはバレてないと思い普通通りに接しているつもりだろうが、雰囲気が醸し出されていて付き合ってることがバレバレ」(34歳/金融・証券/営業職)

・「隠している風を装っての付き合ってますアピール。知らないふりを続けていると、相談って言って自分から暴露してくるケースがある」(32歳/自動車関連/技術職)

恋愛期特有の浮かれた気分に加えて、「人のものを奪った」なんて優越感もあるのかもしれませんね。ときには自ら関係を暴露することも……。どんな理由があっても、不倫は許されざる恋です。ヒロイン気分で浸っていると、手痛いしっぺ返しがくるでしょう。

■まとめ

不倫カップルがやりがちなことは、はたから見ると、どれも「なんだかなぁ」と思ってしまうような行動ばかり。恋に浮かされていると、周囲が見えなくなってしまうのでしょうね。思い当たる点がある方は、ぜひ「今の状況」を整理して考えてみて。シンプルな答えが見つかるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月16日~9月21日
調査人数:114人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]