お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

結婚しなきゃよかった……。夫が「妻のカラダ」に萎えた瞬間・6選

ファナティック

最初のころはスレンダーで美しかったのに、付き合いが長くなると緊張感がなくなり、体型が変わってしまうことがありますよね。それは結婚した夫婦でも同じようです。そこで今回は、「妻のカラダを見て萎えた瞬間」について、夫たちのリアルな本音をご紹介します。

(1)お腹のお肉がダルダル

・「お腹のぜい肉が服からはみ出していた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お腹がたるんできたので、見て気持ちが萎えてしまった」(34歳/電機/技術職)

とても多かったのが「ぜい肉が服からはみ出していた」など、お腹まわりに関する意見でした。特に下っ腹はぜい肉がつきやすいので、定期的なエクササイズが必要かも? いつの間にかボトムスに乗っかってしまうようになった妻のお腹を見て、ガッカリしている夫は多そうです。

(2)足が汚すぎる

・「昔は足がとてもキレイだったが、最近汚い」(32歳/その他/営業職)

・「足が水虫になって皮がむけていて、少しニオイもしたときに萎えた」(31歳/情報・IT/技術職)

「足が汚くなった」という意見もありました。昔のキレイな足が魅力的だっただけに、その落差に萎えてしまう夫は多い様子。スレンダーで見た目も美しい足をキープしたいものですが、なかなか難しいものです。

(3)おデブに変身

・「最近かなり太ってきたので気分が萎えた」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ちょっと太ってきて、朝に斜めから見ると結構太かったとき」(33歳/情報・IT/技術職)

幸せ太りなのかもしれませんが「太ってきた」ということに萎える、という意見も。「斜めから見ると結構太かった」というコメントは、リアルすぎて胸にグサッと刺さりますね。やはり、顕著に太った妻の体を夫は黙認できないようです。

(4)胸の形が変わってしまった

・「胸の形。垂れてきた気がする。張りもなく」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「出産後に胸の膨らみが小さくなった。ハリのある胸に満足していただけに、少し萎えた」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

男性が大好きな胸も、ハリがなくなって垂れてくると「萎えてしまう」という声が多数ありました。バストアップのマッサージや、大胸筋を鍛えるなどの対策をしたほうがよさそうですね。出産を機に胸の形が変わってしまい、以前とのギャップにガッカリするという意見もありました。

(5)ムダ毛処理が甘い

・「脇毛などのムダ毛が処理されずに生えているとき」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「背中。手入れされていない産毛が自分よりも濃くびっしりと生えていたとき。男かと思った」(34歳/機械・精密機器/技術職)

「ムダ毛処理をきちんとしていなくて萎えた」という声もありました。夫婦になるとムダ毛処理を怠ってしまう妻もいるのかも? 背中の産毛など、自分では見えないところもチェックされているようですね。付き合いたての当初はあんなに気にして処理していたムダ毛も、結婚生活を重ねるうちに気にならなくなるなんて、悲しいものです。

(6)シミやシワが大量発生

・「シミが増えてきたことが垣間見えたとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「顔のシワや腕のたるみが目立つようになった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

顔にシワやシミが目立つようになると、夫は萎えるようですが妻は焦りますよね。シワやシミがあると一気に老け顔になるので、若いうちからケアは入念にしたいところ。年齢に逆らうことは難しいですが、少しでも若くいられるよう努力をしておきたいですね。

<まとめ>

夫が「妻のカラダを見て萎えた瞬間」として、リアルな意見が多数寄せられました。お腹のぜい肉や胸の形、ムダ毛処理がされていないなど、どれも女性にとっては大問題です。結婚しても夫から「キレイだね」と言ってもらえるよう、早いうちからの対策を心がけてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月15日~2016年9月16日
調査人数:137人(22~39歳の既婚男性)

お役立ち情報[PR]