お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

マジで恋愛なめんな!! 女子が「自称・絶食系男子」に思うこと6つ!

ファナティック

少し前に流行した「草食系男子」。現在は、それよりもさらに一歩進んで、女子に対する興味関心をまったく抱かない「絶食系男子」も話題になっています。恋を求める女性たちの目に、こんな「絶食系男子」はどう映っているのでしょうか。「自称・絶食男子」に対する、女子たちの赤裸々なホンネをまとめて紹介します!

■もったいない!

・「恋愛は辛いし、時にいらないと思うけど、やっぱりすごくいいものだと伝えたいです」(25歳/農林・水産/事務系専門職)
・「付き合ったら楽しいこともあるのに、知人やネットの影響で絶食を気取っているならすごくもったいないなと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

恋愛の可能性を、頭から否定しているのが絶食男子の特徴です。確かに恋愛には面倒なことも多いですが……人とかかわる機会を自ら放棄するのは、やっぱりちょっともったいなく感じてしまいます。

■もっとがんばって

・「結婚できる男性が減ってしまうので、なんとか矯正してほしいと思う」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)
・「意欲や覇気がないように感じて、生命力が弱そう」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

より切実な意見も目立ちました。男性には、やはりそれなりにイキイキとしていてほしいもの! 特に婚活女子たちにとっては、由々しき問題です。まだ「自称」ですから、なんとかなりそうな気もしますよね。

■臆病者

・「傷つくのが怖いだけの小心者でかつ臆病者」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「恋愛に臆病で強がっているだけだと思う」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「絶食男子と自分を称して身の安全を図るな」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

絶食男子の心理を分析する、鋭い(!?)意見もチラホラ。もしこんな分析が当たっているなら、かなり残念! 絶食系をあえて公言しなくても、女子の側から「勘弁してください」と思われる可能性も大です。

■恐怖!

・「一生一人で生きていくのかなって思う。感情があまりなさそうなので怖い」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「気持ちが悪い。なよなよしていそうで、受け付けない」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

恋愛を遮断するということは、人との深いコミュニケーションを断つということでもあるのでしょう。理解できない気持ちから生まれるのは、純粋な「恐怖」。理解し合うのは難しいのかもしれません。

■友だちとして

・「彼氏候補としては範囲外だが、友だちとしていろいろ恋愛相談できそう」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「相手が自分に異性を感じないなら、自分も相手に異性を感じなくていいので、友だちになってみたいと思う」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

ごく少数ですが、上とは反対の意見もありました。恋愛で人とかかわれなくても、深い友情を結べるのなら、まだ見込みがあるのでは? 恋の面倒さと無縁なので、素直にアレコレ伝え合えるのではないでしょうか。

■ただのカッコつけ?

・「本当はAVですませてるだけなのに、カッコよく言いたいだけだろ?と思う」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「嘘つけって思う。そんなに言うなら家で一人で絶対するなよって思う」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

「絶食男子」に対して、どうしても気になってしまうのが、性欲処理についてです。いったい彼らのカラダと欲求はどうなっているのか……。女子たちのモヤモヤは尽きません!

■まとめ

自称・絶食男子に対しては、やはりモヤモヤした感情を抱いてしまう女子が多いようですね。もちろん、こんな生き方も認められて良いはずですが、もしも「強がっているだけ」だとしたら……やっぱりちょっと残念に感じてしまいます!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数122件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]