お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

夫から「今夜NG」を言われたときの妻の気持ち・5

ファナティック

結婚した当初は毎日のようにイチャイチャしていたのに、いつの間にか子育てや家事に追われて、夫婦でスキンシップがなくなっていた! なんてよくあること。そこで今回は、パートナーからスキンシップを拒否されたときの心境について、既婚者女性の本音を探ってみました。

■傷つく

・「きっとすごくショックで傷つきます」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すっごく傷ついて泣きました、そして旦那のほうが朝早いので気持ちを手紙に書いてテーブルにおいておきました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

パートナーにスキンシップを拒否されてしまうと、これ以上ないほど傷ついてしまいそうですよね。自分を丸ごと否定されてしまったように感じますよね。

■悲しくなる

・「悲しくなり、女として、価値がないのかと思ってしまいます」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「悲しいし嫌われたのかなと思います」(24歳/その他/営業職)

スキンシップを夫に断られてしまうと、自分の女性としての価値についていろいろ考えてしまいそうです。女性と見られていないのかもと思うと、やはり悲しくなりますよね。

■疲れているかも

・「疲れているのはわかるが、正直へこむ」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「仕事で疲れているんだろうが正直傷つく」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

パートナーにスキンシップを求めるタイミングが悪いと、断られてしまうこともあるかも。特に仕事で疲れているときは、嫌がるかもしれませんね。

■嫌われたかも

・「私のことが嫌いになったのかと不安になる」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「もう好きじゃなくなったのかな?」(25歳/生保・損保/営業職)

パートナーに触れることをイヤがられると、もしかして自分のことを嫌いになったのかもと心配になりますよね。いまさらそんなことを聞いても、彼もイヤがるだけかもしれませんし、つらいですよね。

■魅力がないのかも

・「女性としての魅力がなくなったのかと思い、本気で落ち込みます」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「なんだか女性として否定された気になります」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分の女性としての魅力がないから、もしかしてスキンシップを嫌がったのかな?と落ち込んでしまう人もいるようです。パートナーの状態もありますので、必ずそうとも言い切れないのではないでしょうか。

■まとめ

自分からスキンシップを求めたのに、否定されてしまうと落ち込んでしまいますよね。パートナーとしっかりコミュニケーションがとれているなら、なぜ今スキンシップを嫌がるのかは、理解できるかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月30日~9月9日
調査人数:100人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]