お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

意外と不評? 「腕枕」をされたくない女子●●%「肩がこる」「心配になる」

ファナティック

カップル恋人たちの定番就寝スタイルとも言える腕枕。ですが実際には映画のようにはいかず、するほうもされるほうもストレスを感じてしまうこともあります。実際のところ、彼の腕枕に対してみんなはどのように感じているのでしょうか。働く女性の本音を見てみましょう。

Q.男性に腕枕されるのは、どちらかといえば好きですか?

好き!……45.2%
好きじゃない……54.8%

半数以上の女性が、腕枕をされるのは好きではないと回答しました。双方の理由をくわしく教えてもらいました。

【「好き」と回答した女性の意見】

■彼の体温を感じられるから

・「正直寝にくいところもありますが、相手の手のぬくもりが伝わるので、それが愛情のように感じてとてもうれしい」(31歳/情報・IT/営業職)

・「そばでぬくもりを感じることができるので、好き」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

肌ごしに感じる彼のぬくもりがとても心地よく、幸せを感じるという意見です。人恋しくなるこれからの季節はなおさら、彼の腕枕がうれしく感じられそうですね。

■守られている安心感

・「密着感と守られている感が好き。高さもちょうどよいので寝やすい」(30歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「守られている感じがして好き。でもする側は痛そうなのであまり長くはしたくない」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

たくましい腕でしっかり抱き寄せてもらえると、彼に守られているという実感がわいてきますよね。安心感を得たいときは腕枕をしてもらうといいかもしれません。

■くっつき虫になれるから

・「理由なくくっついていられる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「なかよし~な定番コミュニケーションだから」(22歳/建設・土木/技術職)

女性の中に一定数いると言われているくっつき虫。とにかく彼にくっついていたいのですが、何でもないときでもくっつくわけにはいきません。腕枕なら何も考えずにひたすらくっついていられるでしょう。

【「好きではない」と回答した女性の意見】

■実はとっても疲れるんです

・「気を遣ってしまって首に力を入れてしまい疲れてしまうから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「相手の腕が痺れちゃうんじゃないかと思って心配で安心できないから」(32歳/不動産/専門職)

彼も大変かもしれませんが、腕枕をされている彼女もかなり気を遣っている様子。負担をかけないように首に力を入れたり角度を調整してみたり。一向に落ち着いて眠れる気配はありません。

■彼は喜んでやってくれるけど

・「髪の毛が引っ張られていたいときあるし」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「結構肩がこってしまってくつろげないです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

実は腕枕はありがた迷惑という人も。彼は好意でやってくれているのかもしれませんが、彼女にとっては自分の安眠を邪魔する行為だと感じているようです。

■やっぱり寝るときは枕に限る

・「ゴツゴツしていて枕のように心地よくないから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「本物の枕のほうが体に合っているし寝心地がいいから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

結局、枕に適うものはありません。枕は寝るときに頭をのせるためのもの。腕はものを持ち上げたりつかんだりするためのもの。腕には枕のような機能は期待できないようです。

■まとめ

女性なら誰でも喜ぶと思ったら大間違いの腕枕。ですが彼が好意でやってくれている場合は断れませんよね。ベッドに入った瞬間だけ腕枕を楽しんで、眠るときには枕のお世話になるのが得策かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]