お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第21話 朝活

ある日、会社から帰ったら、
家にパンフレットが届いていた。
どうやら母がわたしの名前で
資料請求してしまったらしい。
「ま、これも親孝行の一環か」
わたしはため息をつくと、
パンフレットに目を通し始めた。
どこに出会いがあるかわからない、
っていうのは本当だもんね。
うん。何でもやってみよう。
もしかしたら結婚相談所に
運命の人がいるかもしれない。

何でもやってみると決めたついでに、
「朝活」なるものにも手を出してみた。
朝、皇居の周りをランニングして、
終わったら一緒に朝食。
そして、それぞれ会社に行く。
合コンで知り合った女の子に誘われて始めたんだけど……
ここには、素敵男子がたくさんいる!
早起きしてランニングするぐらいだから、見た目は健康的。
意識が高くて、仕事熱心で、性格も明るそう。

ただ、結婚はあまり意識していなさそうな人が多いかな。
今が楽しくてこのままでいたい、って感じ。
それに、わたしが、ついていけないかも。
ランニングが好きな人と結婚して、
一生一緒にランニングするのはたぶん、ツライ。

参加するなら、無理せず、
自分の趣味にあうサークルだなぁ。
でも、わたしの趣味って、なんだっけ。
長い間、土日は大輔に捧げてきたから、
もう、わからなくなっちゃった。

お役立ち情報[PR]