お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男でもわかる「生理のつらさ」4選

フォルサ

1カ月に一度訪れる生理の期間は、女性にとって苦痛なもの……と言われても、どうつらいのかいまいちわからないという男性も多いはず。今回は女性の方々に、彼氏に生理の辛さを理解してもらうためにどのような説明をしているのか・したいと思うのかを聞いてみました。

■痛みを表現すると……

・「生理休暇があるくらいなんだから休んでもおかしくない痛さと辛さ」(31歳/情報・IT/技術職)

・「おなかの中がぎゅっと締め付けられるように痛い」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「下痢でとってもつらい感じと伝えます」(29歳/農林・水産/事務系専門職)

生理痛は、症状の中でももっとも悩まされるもの。痛みの度合いに個人差はあるものの、仕事に支障をきたすほどひどいことも珍しくありません。痛みの感覚については、おなかが締め付けられるような感じ、下痢の時の感覚に似ているという声が多く見られました。

■想像するだけで痛い!

・「内臓をギューっとつかまれているような痛み」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「骨盤から血がしぼりとられるような痛み」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「臓器を搾り取られる、引きちぎられる、握りしめられる感じ」(32歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

生理痛の中でも、動けないぐらいのひどい痛みの場合には、なおさら彼氏に理解してもらいたいものですよね。そんな時には、”血をしぼりとられる””臓器を引きちぎられる”など、想像するだけでも痛くなりそうな表現に。

■つらいのは痛みだけではない

・「吐きそうなくらい苦しいくてつらい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とにかくだるくてやる気がなくなる」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「頭痛と腹痛とけんたい感が同時に襲ってくる感じ」(29歳/学校・教育関連/専門職)

生理中の症状はおなかの痛みだけだと誤解してしまっている男性も多いかもしれません。しかし、おなかの痛みだけでなく頭痛をともなうこともあれば、無気力の原因にもなる全身のけんたい感もあることも、女性としては理解してほしいところですね。

■ほかにはこんな例えも

・「歯医者で口を開けたままでいると疲れる感覚を、7日間ずっと感じているつらさ」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「おなかに小さいおじさんが住んでいてずっとパンチされてる感じ」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

そのほかにはこのような、うなずけないようでうなずけるような個性的なコメントも見られました。確かに辛さは伝わってきます。

■まとめ

男性に生理の辛さを理解してもらうことが難しいのは、女性しか経験することがないだけでなく、同じ女性の中でも症状に個人差があることも理由のひとつではないでしょうか。彼氏に自分の辛さをわかってもらうためには、このように自分の言葉で説明するのもいいかもしれません。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~8月25日
調査人数:117人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]