お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ラブラブのカップルが「欠かさずやっていること」

ファナティック

いつもラブラブで仲がいいカップルは、見ていてうらやましいですよね。いつまでも仲よくいるためには、何かしらの秘訣がありそうです。そこで今回は社会人女性のみなさんに、仲がよいカップルが「欠かさずやっていること」について教えてもらいました。

■毎日連絡をする

・「どんなに忙しくても一日一回は連絡を取り合う」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「毎日連絡を取る。大抵仲の良いカップルはそうだと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

忙しいとついつい連絡を怠ってしまいがちですが、仲のよいカップルは毎日連絡を取り合うようです。「おはよう」や「おやすみ」など、最低限の連絡を欠かさないことで2人の仲が安定しそうですよね。

■頻繁に会話をする

・「会話。コミュニケーションをとっていないと別れそうだから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「会話すること。お互いにお互いの話を同じくらい聞いて話すことができれば一緒にいて楽しいし、話を聞いてくれる相手の存在が大切だと思うようになる」(27歳/医療・福祉/専門職)

デートのときに無言でスマホをいじるのではなく、会話をきちんとするのは大事ですよね。お互いに自分の話をしたり相手の話を聞いたりすることで、相手の存在の大切さに気づくようです。

■相手を思いやる

・「お互いを思いやって優しさを持ち続けること」(33歳/不動産/専門職)

・「相手を思いやること。相手に求めるばかりではうまくいかないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一方的にワガママを言ったり、相手のワガママを受け入れているだけでは、関係を続けるのは難しそうです。お互いに思いやりがあって、常に相手のことを気遣えるようなカップルは長続きしそうですよね。

■気持ちを言葉にする

・「『ありがとう』や『ごめんなさい』を頻繁に言う。気持ちを伝えるのが大事」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「気持ちを伝え合うこと。思っているだけでなく、きちんと言葉にして相手に伝えることで仲良くできると思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

付き合いが長くなると忘れがちな「ありがとう」や「ごめんなさい」という言葉。でも仲よしをキープするためにはこれらの言葉は大事なようです。きちんと言葉にすることで、相手にも気持ちが伝わりますよね。

■束縛せずひとりの時間を大切にする

・「相手の時間と自由を尊重すること」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「1人の時間を大切にする。一緒にいるばかりが良いのではない。一緒にいない時間をいかに大切にするかが、重要です」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

彼氏のことが好きすぎて、常に一緒にいたがるのはNGのようです。あまり干渉せず、相手の時間と自由を尊重すると、自分ひとりの時間が増えます。その時間があるからこそ、相手と一緒にいられる時間がより大切に思えますよね。

■まとめ

仲のいいカップルが「欠かさずやっていること」として、さまざまな意見が寄せられました。コミュニケーションを頻繁に取り、相手を思いやることが仲良しでいられる秘訣のようです。今の彼氏といつまでもラブラブでいるためにも、ぜひこれらの意見を参考にしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]