お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

血がつかないように……「生理中」女子が気をつけていること5

フォルサ

楽しみにしていたデートの予定に生理がかぶってしまった……という経験のある女性も多いはず。それでも、せっかくのデートは楽しいものにしたいですよね。今回は女性から聞いた、生理中のデートで気をつけていることについてご紹介します。

■姿勢・服装に気をつける

・「血が付かないように気を付けて歩く、座る」(23歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「血がついたらすぐわかるような服は着ない」(29歳/その他/その他)

まず、生理中の外出時に特に気をつけたい、出血。漏れを防ぐために、姿勢を考えたり動きすぎないように心がけたいところですね。万が一、洋服に付着してしまうようなことがあった場合に備え、白や薄い色のものを避けるなどといった洋服選びも必須です。

■ナプキン交換をこまめに

・「漏れやニオイが気になるので、こまめに取り換える」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ナプキンを替えられるように、トイレに行きやすい場所を選ぶ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「長時間交換できないときはタンポンにする」(30歳/学校・教育関連/専門職)

生理中は、ナプキンをこまめに取り換えられるように、デート先でもなるべくいつでもトイレに行きやすい場所を選びたいところ。どうしてもトイレに長時間行けそうにないデートプランの場合には、タンポンで乗り切るという方法も挙がりました。

■体調を気遣う

・「歩きやすい靴や、おなかを締め付けない服で行く」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「体調が悪くなりやすいのでアクティブには行動しない」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「いつ痛みが来るかわからないので、鎮痛剤を持ち歩く」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

人によって個人差はありますが、生理中はどうしても体調面が優れないもの。体調が悪いとデートも満足に楽しめないですよね。だからこそ、服装選びもデート内容も、体調に無理のないように心がけたいところ。強い痛みがある人は、薬を持ち歩くようにしているようです。

■彼への配慮も

・「彼にもあまり気を使わせないようにする」(31歳/その他/事務系専門職)

・「頭がボーッとしているので、あらかじめ伝えておく」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

デート中、彼の気遣いも必要になってくることも出てくるでしょう。しかし、せっかくのデートだからなるべく彼に気を使わせることのないようにしたいというコメントも見られました。また、彼にはあらかじめ伝えて理解しておいてもらうようにしているという声も。

■場合によってはキャンセルも

・「予定を入れる前にかぶりそうなところには入れない」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「キャンセルできるならキャンセルしてがんばりすぎない」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「具合が悪い場合、相手に気を使わせても申し訳ないので、体調のいい日にリスケする」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

できることならば生理中にデートを入れるのを避けたいと思う女性がほとんどですよね。このように、生理にあたりそうな日にはデートの予定を入れないように気をつけたり、あたってしまった場合にはいっそのこと日を改めるというコメントも見られました。

■まとめ

せっかくのデートに生理が来てしまうと、それだけでもブルーな気分になってしまうもの。しかし、そんな時のために自分で気をつけておきたいことや対策を前もって把握しておけば、うまく乗り切ることができそうですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~8月25日
調査人数:117人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]