お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

うわ、くっさ! 男性がイライラする女性の「ニオイ」5つ

ファナティック

目に見えなくても、「香り」は人の感情を左右するもの。いい香りを嗅げば自然と心が落ち着きますし、嫌な香りを嗅げば、反射的にイラッとする方も多いことと思います。自分では気づきにくいからこそ、注意したいポイントですよね。もしかしたら、「香り」が原因で周囲の人をイライラさせてしまっている可能性も……? そこで今回は、社会人男性のみなさんに「イラッとする女性の香り」について聞いてみました。

■口臭

・「口臭。歯磨きが足りないとかだけではなく、胃から来るニオイはイラっとする」(31歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「ニンニク、タバコのニオイを放つ女性とエレベーターの中で一緒になるときはつらい」(32歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

どれだけ美人でも、口臭がキツイとゲンナリする男性は多いはずです。自分のケアでがんばれることも多いのに……それができない点にガッカリしてしまうのかもしれませんね。口臭ケアグッズ活用のほか、歯医者さんでのメンテナンスもオススメですよ。

■ワキのニオイ

・「ワキのニオイは苦手」(34歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「ワキガの女性。職場でも通った後がはっきりわかる。夏場は吐き気がし、食欲もうせる」(31歳/医療・福祉/専門職)

ワキのニオイは自分のケアで改善できることもありますが、ワキガの場合だとなかなか難しいことも。男性も仕方がないこととわかってはいるものの、気になってしまうみたいです。

■いい香りのはずが……

・「香水のつけすぎ。頭がクラクラしますね」(36歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「デパートの1階そのままの化粧品くささ。香水つけてます!! という強い香り」(36歳/小売店/事務系専門職)

・「キツイ香水のニオイ。頭が痛くなるし、自然に香るくらい、むしろシャンプーの香りがほんのりするぐらいがベスト」(30歳/情報・IT/技術職)

女性に人気のアイテム「香水」ですが、使い方には注意が必要です。いいにおいは、パーソナルスペースに入ったときにさりげなく香るくらいで充分。つけすぎには気をつけたいですね。

■場にそぐわない香り

・「飲食店でアルバイトをしてるときに同い年の女の子がとても強烈な香水をつけており、実際にお客さんからクレームをうけていた」(26歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「料理の香りに負けず強いニオイがある香水で、食事を楽しむことができなかった」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

特に「食事」が関わる場所では、強い香りは好まれません! 自分の好みだけではなく、周囲の人の感情も気にしておくべきでしょうね。「マナーがなっていない!」と思われないためにも、場をわきまえる必要があります。

■複数のニオイが混ざって……

・「キツイ香水とタバコの混じったニオイ。吐き気を催すから」(28歳/その他/その他)

・「香水に混じったアルコール臭。電車の中で吐きそうになる」(36歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

ニオイが気になるからこそ、いい香りでカバーしようとする女心もわかりますが、混ざり合ってトンデモナイ香りができ上がってしまうことも……! ニオイの上にニオイを足して完璧にカバーするのは難しいこと。まず悪臭の原因をやっつけるのがベストな方法です。

■まとめ

「スメハラ」という言葉もあるように、香りで周囲を不快にするのはできれば避けたいところ。自分がスメハラをする側にならないよう、念入りにチェックしたいものですね。自分の判断に自信が持てない場合、信頼できる人の意見を聞くのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月6日
調査人数:394人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]