お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

旅行中「生理」に! 彼氏がすべき「気遣い」のポイント6

フォルサ

彼氏との旅行中に生理になってしまうと、ゆううつな気分になってしまうもの。そんな時、あるとうれしいのが彼氏の理解や気遣い。今回は、旅行中に生理になってしまった時に彼氏に気遣ってもらいたいと思うことについて、女性に聞いてみました。

■配慮のあるプランを

・「なるべくプールや海に行きたくないです」(24歳/その他/事務系専門職)

・「身体に負担のかかりそうな外出は避け、宿でゆっくりできるように計らってほしい」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「おなかが痛いので、時間ぎりぎりのスケジュールは組まないでほしい」(28歳/金融・証券/営業職)

まず挙がったのは、生理中であることを配慮した旅行プランを立ててほしいという意見。旅行中は限られた時間の中でたくさんの予定を入れたいところですが、女性にとっては負担に。宿でゆったりと楽しんだり景色を満喫したりなど、無理のない楽しみ方をしたいですね。

■歩くのがつらいので……

・「あまり早いスピードで歩かないでほしい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「体調が悪くなったらゆっくり休ませてほしい」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「あまり歩きたくないのでタクシーを使ってほしい」(27歳/その他/専門職)

旅行では、長時間歩き回ることも多くなりがちですが、生理中となるとこれがなかなかキツイもの。歩くペースを落としたり、まめに休憩を入れたりなどの配慮があるとうれしいと考える女性のコメントも見られました。移動にはタクシーを利用したいという声も。

■体調の気遣いを

・「おなか痛くない?歩ける?少し休憩する?など体調のこと」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「痛みがないか?とか聞いてほしい。できたらどこか座りたいとか気にしてほしい」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

体調への気遣いについてのコメントも挙がりました。言葉があるからこそ、気遣ってくれていることを実感できるものですよね。また、つらくても無理をしていても、自分からなかなか切り出すことのできない女性もいるので、彼氏の方から休憩を持ちかけてもらえると助かるようです。

■トイレに行きたいので

・「トイレに立ち寄る機会を増やしてほしいです」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「『トイレは、まだいい?』とことばかけをしてくれるとありがたい」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

トイレに行く機会や時間を多めに設けてくれたり、「トイレは大丈夫?」と声をかけてもらえると助かるといった意見もたくさん挙がっています。生理中にはどうしてもトイレに立ち寄る機会が多くなるものであることを理解してもらうのも必要かもしれませんね。

■夜は我慢してほしい

・「強引な夜のお誘いはしないでほしい」(23歳/建設・土木/技術職)

・「あまりいちゃいちゃしたくないので、普通に接して別々に眠りたい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

旅先の夜、誘われたところで断るのは女性にとっても決していい気分ではないものですよね。そこは彼氏の方から理解して、我慢してもらいたいところ。また、生理中ならではのブルーな気分や布団を汚してしまうかもという心配などから、別々で寝たいという女性も少なくありません。

■そっとしておいて

・「イライラしても寛大な心で許してほしい」(26歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「しんどいので、あまり会話をしなくても気にしないでほしい」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

生理中は体調や気分が優れなかったりするため、旅行中であってもイライラしたり気分が沈んでいたりすることだってあります。そんな時にはむやみに問いただしたり不機嫌になったりするのではなく、ただそっと見守っていてほしいようです。

■まとめ

せっかく旅行に来たなら楽しいひとときを過ごしたいところですが、それでも優先するべきものはやはり体調ですよね。そこは、彼氏にも理解してもらいたいもの。時には、自分の方から要望を伝えることも必要なのかもしれません。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月21日~8月25日
調査人数:117人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]