お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

また(頭)薄くなった? 妻が夫に対して「諦めてること」7選

フォルサ

一緒に暮らしていると、パートナーに願望や不満をいだきながらも、「仕方ない」と諦めていることは多いものです。夫に対して諦めていることについて、既婚女性のみなさんにたずねてみました。

■家事・育児

・「子育てや家事への協力。仕事が忙しいしもともと協力的ではないから」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「家事が一切できないので諦めている」(30歳/その他/その他)

・「一緒にキッチンに立っても、洗い物はしてくれない。期待もしていない」(32歳/その他/その他)

夫に対して諦めていることのトップは、家事や育児についてでした。家事や育児をまったくしない夫、料理だけはする夫、子どもの面倒はする夫など、家庭によってレベルはいろいろですが、妻の不満が集中した項目となりました。

■容姿

・「見た目。できればもう少しイケメンが良かった」(30歳/その他/その他)

・「おなかが三段腹であること」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「太り気味なのに痩せようとしないこと。髪がだいぶ薄くなってきたこと」(34歳/その他/その他)

顔・身長・頭髪から肥満した体形まで、容姿に関することが二番目に多く挙がりました。特に肥満についての声が多く、しかも、努力次第では痩せられるのにという思いもあるせいか、諦めきれていない様子もうかがえました。

■性格

・「自己中 オレ様 自分のいうことは絶対」(23歳/その他/専門職)

・「頑固なため、何を言っても聞く耳を持たないので、すべて旦那にははいと逆らわないこと」(31歳/その他/その他)

・「すぐに怒る性格は変えることができない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

性格ばかりは、妻の力でもなかなか変えられませんね。夫の性格、特に、がんこさや自己中心的な性格について、不満の声が多く聞かれました。

■後片づけ

・「脱いだ服、読んだ本、飲んだジュース、全部片付かない」(34歳/自動車関連/その他)

・「電気は付けっ放し、脱いだら脱ぎっ放し、開けたら開けっ放し、食べたら食べっ放し、ぱなしすぎて嫌」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

自分が使ったものの後片付けをしない、面倒くさがりの男性に多いタイプですね。家事をする・手伝うどころか、仕事を増やされてしまっては、諦めきれずに不満がこぼれるのもわかります。

■収入

・「年収が低いこと」(32歳/その他/その他)

・「今以上の給料の見込み」(32歳/医療・福祉/その他)

夫により多くの収入を願っても、簡単に増えるものではないことは、妻にもよくわかっています。諦めるしかないことと受けとめられているようです。

■タバコ

・「タバコを何回言ってもやめない!本数も減らしてくれない」(35歳/その他/その他)

・「タバコをやめてほしいがストレスがたまってしまうかもと言い出せない」(35歳/その他/その他)

夫に禁煙をしてもらいたい妻も大勢いて、なかなか諦めきれない様子です。

■ファッションセンス

・「服装のセンスだけは改善できない」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ファッションセンスの無さ」(35歳/運輸・倉庫/その他)

「かっこいい」夫でいてほしいと願う妻は多いもの。顔・身長・頭髪・体形といったベースに加えて、外見の仕上げとなるのがファッションですが、このセンスが問題視されています。

■まとめ

今回、残念なことに、「すべてにおいて諦めている」という声も、無視できないほどあがりました。相手に求めることよりも、相手を受け入れることが夫婦生活がうまくいくコツとはいいますが、ちょっとくらいの家事・育児の手伝いはしてほしいものですよね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:227人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]