お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

【女の本音】自分より「年収が低い」男性との結婚は考えられる? 「考えられない:●%」!

女性がバリバリ働くのはめずらしくなくなってきましたが、それでも「結婚相手には自分よりも稼いでいてほしい」と思う人は少なくないもの。もしいいなと思った男性の年収が自分よりも低かったとしたら結婚を考えることができるのでしょうか。結婚はお金がすべてではないと思うものの、やはり気になる結婚相手の収入。今回は、自分より年収が低い男性との結婚について、女性のみなさんにアンケートで聞いてみました。

Q.自分より「年収が低い」男性との結婚は考えられる?

「考えられる」……31.4%
「考えられない」……68.6%

<「考えられる」と回答した女性意見>

■お金がすべてではない

・「共働きでがんばればいいし、年収が低いけどそれが気にならないほどいい人であればいい」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「本当に好きな人だったら、やっぱりある程度は我慢できる」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「お金だけでなく相手のことを見て考えるから」(23歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

結婚相手を選ぶときにはお金以外の部分も大切なので、収入だけでは決められないという女性も。自分も働けば収入についてはある程度カバーできるので、それだけにこだわるよりはほかの部分で本当に自分に合う人と結婚したいということなのでしょうね。相手の男性が「女性より年収が低い」ことに対して気にしないほど寛大というのもポイントのよう。

■相手に養ってもらう考えはない

・「今の時代、あまり誰かに頼れるとも思っていないので」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「このご時世だから」(34歳/医療・福祉/専門職)

収入差が結婚には影響しないとする女性は、今は女性も積極的に社会で活躍する時代であり、結婚に相手の年収が低いからといってそれがネックにはならない、といった考えを持っているようです。

<「考えられない」と回答した女性意見>

■生活に不安がある

・「自分より年収が低いとなると、妊娠・出産するにあたり、こちらが働けない期間、生活するのに困りそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「妊娠したら頼らなくてはいけないので、自分より稼いでほしい」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ただでさえ低い年収なのに、私以下の年収の人とではなかなか将来が見えないから」(32歳/生保・損保/営業職)

・「仕事を辞めたときに生活水準が維持できなくなるから」(32歳/運輸・倉庫/その他)

自分が仕事を辞めたら生活できないような収入だと将来的に不安。女性には妊娠や出産など結婚後に働けない時期が来る可能性が大きいだけに、長い目で見ると年収の低さは大きな不安材料になるようです。夫になる人の給料だけである程度生活ができるとわかっていれば、結婚後の働き方にも選択肢が増えますよね。

■男性には自分より稼いでほしい

・「自分よりは年収が高くいてほしいので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「男性のプライドを傷つけるし、いずれズレが生じそうだから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「女性よりも稼がない男は、あり得ないと思うから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

職種や年齢によって多少の差はあるにしても、女性よりも男性のほうが年収が低いというのはやはり気になるという人も。自分のほうが稼いでいるとなると男性のプライドを傷つけてしまいそうだし、金銭面で頼られても困る。お金の面においては、男性に優位に立っていてもらいたいという女性も少なくないようです。

■自分の年収が低すぎるので……

・「私自身非常に年収が低いのでなかなか難しい気がするから」(33歳/不動産/専門職)

・「自分の年収がかなり低いから」(32歳/商社・卸/その他)

自分の年収が低いので、それ以上に低いとなると、結婚相手としては難しい……と考える女性の意見でした。一緒に生活をしていくとなると、慎重にならざるを得ないのかもしれません。

■まとめ

結婚後の生活にダイレクトに影響してくる結婚相手の年収。自分自身にある程度の収入があったとしても、男性の年収が低すぎると将来的に不安を感じるという女性も多いようです。実際、女性が働けなくなった途端に生活を大きく変えないといけないほど収入が少ない男性は、子どもができたらさらに生活が苦しくなりそう。せめて、自分の年収と同様、それ以上はというのが女性たちの本音のようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜6日
調査人数:102人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]